【RYT500認定】アーユルヴェーダ1

アーサナ祭 ~個性をもつ身体に働きかけるアサナ~

DEEP BREATH

アーユルヴェーダとは一言で表すと、「インド発祥の伝承医学」。
修行僧たちが、瞑想の中でその知識にたどり着いたと考えられており、
ヨーガと密接な関係にあります。
医学ではありますが、現代の西洋医学と比べて、大きな違いがあります。
家族・パートナー・友人・同僚・隣人・自然環境などとの調和を求めながら、
心身の状況を調整してゆく、とてもホリスティックな、生活の知恵でもあり、
ヨーガのゴールと同じ、「モークシャ(解脱)」を目的としています。

<OYGティーチャー:Yukariより>

○アーユルヴェーダをなぜ学んだか?
「ヨーガと深く関係がある」という、その言葉に興味を持ち、まずは、本を読み始めたのがきっかけでした。
でも、知識だけが独り歩きして、実際の私の生活にどのように取り入れてゆけばよいかが理解できませんでした。
その謎を解くために2007年、初海外の旅で渡印 南インドのケララへ
そこでは、本では解り得なかったアーユルヴェーダの奥深さやドクターの素晴らしさを垣間見ることができました。
ドクターは、私の肌の色・質、目の色・大きさ、髪質、話し方、脈など、あらゆる側面から、
私の心身がどのような状況にあるかを、診断してくださいました。
同時に、
私は、どれだけ自分のことを知らないのか?自分のことを「信頼」していないのか?にも気づかされました。

その時のドクターからいただいたアドバイスを、今もとても大事にしていて、そのおかげで、生き方がより楽になっています。
以来、パンチャカルマ(心身の浄化療法)とアーユルヴェーダやヨーガの学びを深めるため、定期的に渡印しています。
そこで得た知識を皆様にわかりやすくお伝えできればと考え、この講座を開講することになりました。

<何を伝えたいか?>
本講座では、アーユルヴェーダの理論と実践について、より簡単に分かりやすく学んでいただきます。
アーユルヴェーダの知識は、とてもたくさんあります。その知識を得る事は、とても生活の役に立ちます。
毎朝、ちょっとひと手間加えるだけだったり、日々の生活の中で、以前より、少し丁寧になってみる。
しかし、アーユルヴェーダの素晴らしさを知るには、まずは、実践してみないことには、
「本当にそんなことが、○○に良いの?」とどこか疑心暗鬼になってしまうかもしれません。
皆さまの生活に、少しでも取り入れてもらい、ココロもカラダも、よりサトヴィック(純粋)になっていただけたらと思います。
瞑想やヨガ哲学も絡めながら、お話ししていこうと考えています。

<こういう方に受講をおすすめ>
*アーユルヴェーダを知りたい
*体調を改善する方法を知りたい
*自分の体質や心の状態などを知る一つのツールとして
*季節や体質にあった毎日の過ごし方
*RYT200の講座で学んだことをさらに深めたい など。

今後、OYGでは、ヨーガとアーユルヴェーダの結びつきを、さらに深める講座や、インドでドクターの診断のもと、
アーユルヴェーダの施術ができるツアーを企画しています。インドでアーユルヴェーダを体験してみたいという方には、
是非予備知識として、アーユルヴェーダを少しでも知っておいていただきたいです。

Curriculum受講カリキュラム

受講日数 受講時間
2日間(全2回) 16時間

講座内で学べること

<理論>

アーユルヴェーダとヨーガの関係
アーユルヴェーダが目指すもの
ドーシャとは?
ヴィクリティ(アンバランスな状態)とは?
ヴィクリティを改善するための方法
食物とドーシャの関係
オージャスとは?
1日の過ごし方

<実践>

お白湯の作り方
ギー作り教室
鼻うがいの実践
セルフマッサージ
おすすめのスパイスやハーブの紹介
体質にあった食事の紹介

マントラ


Price受講料金

受講料 43,200円(税込)
*2016年開講時の価格です。2017年の開講はございません。
備考 RYT500を取得するために必要な講座の一つですが、本講座単体のみの受講申込も可能になっています。また、講座で使用するためのネティポット・タンスクレーバー・スパイス等はこちらでご用意いたします。

「お電話で申し込めますか?」
「まずはお電話でお話を聞きたいのですが・・・」

と言う方は、まずご一報下さい。


本講座の開講情報

  • 開講スクール
  • 受講コース
  • 受講日程
  • 取得期間
  • 募集状況
  • 詳細・申込

本講座は現在準備中です

注目コンテンツ 受講講座リスト スクールリスト そのほかコンテンツ


2017 © OMYOGA. All Rights Reserved