ヨガコラム・カテゴリ1

初めまして^^

[2018年07月04日(水)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:JYURI
Yoriko先生よりバトンを頂きました。
私も自己紹介からさせて頂きます。
木村 珠理 juriです。
ヨガと食べること 。
が大好きな一児の母です。
このコラムを書くにあたり写真を見返していたらお料理の写真ばかり 笑
神奈川県の葉山町という海と山に囲まれた場所で育ち海で泳ぎ山を駆け回る元気いっぱいの子供でした。
今は娘が同じように海と山を満喫しています。
娘は今年12歳になります。
娘の出産を機に 、なんとなくたまに行くというヨガが生活の中の多くを占める大きなものへと変わりました。
今まで大きな怪我もなく体力に自信もあった私は妊娠、出産、産後の自分に対する大きな過信がありました。
妊娠後期の酷い浮腫みも出産したらなくなるから大丈夫。産後もきっと私はすぐに元に戻る。
その過信からは程遠い産後…
ホルモンバランスの崩れ、坐骨神経痛で脚が痺れ痺れ痺れ その痛みが不安で眠れない日々。
そんな時 友人が誘ってくれたのがヨガでした。子供達を順番で預かり合いヨガに通う日々。
日に日に元気になり 元気になり気づいた事は身体ももちろんですが
心が一番救われたという事でした。
そんな中 人生の色々な流れにより東京での生活から地元 葉山へと戻り仕事を再開することになります。
小さい子がいるから地元でと始めた仕事はエステティシャンでの採用…ですが何故かここから突然とヨガインストラクターとしての仕事をすることになるのです 笑
人生って何が起こるかわかりません。
ここから私のヨガインストラクター人生がスタートし 、今 ここ OM YOGAに至るまで
全ては流れとご縁、書ききれないほど偶然のような必然が沢山ありました。
ヨガが私の人生に加わってから
物事の捉え方がとても大きく変わりました。
他の誰かではなく 私を苦しめているのは
ほとんど私。
全ては自分の捉え方次第で物事は同じでも大きくかわると考えるようになりました。
Airi先生も書いていましたが マットの上で起こること ヨガのプラクティスは人生そのものだと感じる瞬間が沢山あります。
マットの上で過ごす時間に人生への気づきがギュッと詰まっていると感じています。
OM YOGAのOM YOGA理論の哲学は 歴史哲学を学んだ上で 現代の生活におとしこみ日常に生かせる内容です。
人生には何度か大きな転機が訪れ その度に大きく人生観が変わるという経験をされる方が少なくないと思います。
私にとってOM YOGAとの出会いがまさに「それ」にあたります。
OM YOGAの考える YOGAはどれをとってもとても感銘をうけました。
ここ 。OM YOGAで過ごす時間を 、今まで出会った方ともこれから出会う皆さまとも 。
楽しみで楽しみでたまらない心境です。
伝わる言葉で皆さまに共有出来るよう日々邁進いたします(^人^)
どうぞ宜しくお願い致します。
木村珠理

FB     http://www.facebook.com/juli.kimura

instagram   juli.yoga.shanti

#omyoga #yoga #yogalife #ヨガ
–ヨガインストラクター養成専門スクール–
OMYOGA
東京都渋谷区恵比寿南1-9-4 長谷川力ビル4F
03-5724-3833
全国一斉に無料ヨガ(ギフトエコノミー)
YOGAMUDRA

これからもよろしくお願いいたします

[2018年06月30日(土)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:YORIKO

皆さまはじめまして

コラムのリレーでAiri先生に続きます 小出 依子 (Yoriko)です。
私も自己紹介をさせて頂きます。

今から思えば、人前に立って「何かをする」「伝える」とは夢
にも思っていませんでした。

両親が教員をしていたのでなぜか? そのような事が無意識の中にも意識があり植え付けられていたのかもしれません。
事実、教職もとりました。

卒業後普通に仕事につきながら、その頃エアロビクス全盛期。実際エアロビクスとはなにか?もわからず妹と受けに行き、その時の衝撃は言葉に表せないくらいの衝撃でした。
と同時に、ただ単純に
「私、あそこに、前に立ちたい! 」「人に伝えてみたい!」という気持ちが強く芽生えた事が、現在に至る1歩。
社会体育専門学校の講師の経験等もしながら長きに渡り現在もフィットネスの現場にいます。

その後ヨガ養成コースへの誘いがあり迷う事なく入校、1年間アシスタント経てヨーガのインストラクターとしてフィットネスクラブで伝えています。
20年 怖!
伝えれば伝える程、もう少し学びたいという気持ちが強くなり再度ヨガ養成コースに。
約1年程前に、今後ヨーガをどの様に自身として人に伝えていこうか?と考えた時RYT200講師に強く意識を向けた事が、OM YOGA との出会いです。
それはきっと、今までも

以前主人に言われた事が、何事にも、いつでもイメージを持ち続ける事、思い続ける事、それが仕事であっても私生活であっても常にアンテナを張り巡らせて意識を様々なところに向ける事、もしチャンスがきたら掴みやすくなる、実現しやすくなる。
チャンスは平等にあるけれど意識を持つか? 持たないか? によってチャンスの掴み方が違うのかと理解し様々なところに意識をむけています。

ヨーガを伝える1人として、今ここに意識を向けて、今目の前にいる相手の今に寄り添いながら言葉や全ての事を使って伝える事が私自身の役割と思っています。

私生活ではこの 2匹が心をいやしてくれます。
お茶目な子です。

次は葉山ガールのジュリ先生です。お楽しみに♡

 

 

Yoriko

◆担当講座   RYT200ヨガインストラクター養成講座、メンタープログラム

◆講師プロフィール

OMYOGA認定講師 YORIKO (Yoriko Koide)

◆Facebook   http://www.facebook.com/yorikokide

#OMYOGA#ヨガ#ヨガ資格

–ヨガインストラクター養成専門スクール–

OMYOGA

東京都渋谷区恵比寿南1-9-4 長谷川力ビル4F

03-5724-3833

全国一斉に無料ヨガ(ギフトエコノミー)

YOGAMUDRA

http://yogamudra.jp


初めましてのご挨拶。

[2018年06月25日(月)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:AIRI

先週に続きMaiko先生よりリレーされてきました、坂本あいり(Airi)です!

私も、こちらのコラムでは初めての投稿となりますので、自己紹介からさせていただきます。

 

私は千葉県の出身で、海の近くに生まれました。

なかなかの田舎で自然に囲まれて育ち、小さい頃から踊ること、動くことが好きで、小学生の6年間は剣道にひたすら打ち込んでいました。

もともと父が剣道の先生をしていることもありなんとなく始めた「剣道」でしたが、ただのスポーツだけではなく精神性についても触れる活動、というのが当時から好きでした。

これはのちの「なぜヨガが好きなのか?」というところとの共通項になっていると思います。

剣道人生は私にとってとても有意義でしたが、

中学校の顧問の先生のやり方が気に入らず、あっさりやめます。笑

陸上部に入ってみるもなんだかしっくりこない。

 

 

 

そこで出会ったのが地元のダンス教室でした。

幼少期、TRFが好きな母の影響で、ダンサーの方を見ては自分流に音に合わせて踊るあの時期が育てたのか(?)ストリートダンスに引き込まれました。

 

自己表現や、自己探索というのもこの頃がきっかけになっているのではないかな、と思います。

 

また、私の特徴は一度きめたら結構頑固です。

「東京でダンスが学べる学校にいきたい」

「5教科を勉強しても、将来なりたいことがない」

と。

母は応援してくれましたが、なかなか父は許しませんでした。

あまり覚えていませんが、なんだか色々説得して、夢は叶います。笑

 

といいつつ、あっさりダンサーになりたい、という夢は変わり、そこで出会う面白い人がなぜ面白い人生になっていくのか?

 

「人間」そのものに興味が湧くようになりました。

 

心理学を学びに大学へ進学したり、普通に就活して、普通の会社員をしてなんやかんやあって、こうしてヨガの講師となっています。

(詳しくは私のブログでも紹介しています・・・笑)

http://www.airiyogini.work/

 

そしてMaiko先生が紹介してくれたように、ここ数年ではキャンプにはまり、キャンプ×ヨガのイベントを開いたりして、ヨガの5感が鋭くなる状態を思う存分楽しむようなイベントを開催していたり・・・

(生徒さんでキャンプ好きな方がいればぜひ教えてください!キャンプトーク大歓迎です。)

 

 

そういった感じに、好きだ!と思うことにはぐいぐいと進んできた私であります。

 

 

ヨガの道も不思議な扉の開きを感じます。人の縁も含め。

いろんな偶然と奇跡と、強い願いがここに運んできてくれたと思うと、偶然といえば簡単ですが、本当に奇跡的なことだと思っています。

 

 

最後に、私にとってヨガ、というのは自分を育て、幸せにするツールだと思っています。

それまでの自分は本当に無知だったと気づきました。

ヨガ哲学の中でも無知という畑には様々なもの育つと表現されるように、不必要な感情であったり、自分にとって実は苦しいものを生む悪しき習慣だったり。

 

ヨガをしてからは

「だからか!」

 

と思ってはハッとすることばかり。

きっとこれはヨガを練習するみなさんなら誰しも感じたことがあると思いましたが、ヨガをすることは「気づきの連続」でした。

(いまもです。)

 

あの体一人分のマットの中で起こっているのは、小さな私の人生の過ごし方で、答えはだいたい身体にあると思っています。

 

それを見つけ、知性を育て外へ還元していくことで、人生はシンプルで幸せに満ちていることをつたえられる人になっていきたいと思っています。

 

ちなみに私はもともと別のスクール出身ですが、オムヨガの良いところは心と身体が変わるメソッドをしっかり考え抜いて開発していることだと思います。

ヨガの良いところ、というのをただの知識だけでなく、ただの健康法だけでなく、それを効かせるための実践に落とし込んでいます。

なので、私はここ、OMYOGAという場所からこの想いを伝えていきたいと思っています!

 

そして、将来の夢には千葉の祖母の実家をリトリート施設として、来てくれる人が本来の自分に会える場所、本来の自分であれる場所を作る、というのが今の目標です。

まだまだ、これからもインプットを進めて、邁進していきたいと思っています、私です。

どうぞよろしくお願い致します!

 

お次は業界の先輩でもあり、とても天然でキュートなYoriko先生です!

バトンタッチ!

 

坂本あいり(Airi)

担当講座 RYT200ヨガインストラクター養成講座、メンタープログラム

自己紹介リンク

OMYOGA認定講師 AIRI(Airi Sakamoto)

ブログ

http://www.airiyogini.work/

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40zil6834x

#OMYOGA #ヨガ #ヨガ資格 #キャンプ

#ヨガインストラクター #なるには #資格

ヨガインストラクター養成専門スクール— OMYOGA 東京都渋谷区恵比寿南1-9-4 長谷川力ビル4F 03-5724-3833 全国一斉に無料ヨガ(ギフトエコノミー) YOGAMUDRA http://yogamudra.jp


ヨガとの出会い

[2018年06月12日(火)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:MAIKO

今月より講師によるコラムのリレーが始まります。

初回とゆうことで、自己紹介を。

生徒さんによく質問を頂く“なぜ講師になったのか”

きっかけとなった、ヨガと、そしてOM YOGAとの出会いについて紹介します。

 

わたしがヨガと出会ったのはチィーチャートレーニング。

 

ヨガに出会う前、管理栄養士として活動していました。

 食事だけで日常生活にアプローチって難しい。
頑張りたい‼︎と来られた方に、決まった時間しか面談ができず悶々としてしまい。

 

周りに独立して仕事をしている方が多かったこともあり、わたしも自分でやってみよー♪と退職。

 

どんな世代でも日常に取り入れられる。

そして、継続しやすいもの。

ヨガならできるかも‼︎

とティーチャートレーニングの受講を決めました。

 

そしてOM YOGAを選んだ理由。

先生が可愛い♡

とゆう、なんとも不純な動機です。笑
講座内容も確認はしましたが、レッスンすら受けたことのない当時のわたしには、他の養成校との違いが分からず…

最後は勢いで申し込み。

 

これがOM YOGAとヘッドティーチャーかよ先生との出会いでした。

 

ティーチャートレーニングでは苦戦の日々。

こんなのわたしに出来るのかなと不安や焦り、劣等感でいっぱい。

先生や同期にたくさん助けてもらい、何とか卒業。

 

そんな卒業だったので、今でも講座中にこの辺り辛かったなー。など密かに思い出しています。

 

卒業後、かよ先生考案のセラピカルヨガに魅了され、アシスタントにつかせて頂き弟子となりました^^

そして、RYT200のアシスタントも始め、あれよあれよとゆう間に講師の道へ。

 

講師としての日々では、ヨガの講師だからこうでなければいけない。とゆう考え方はしないよう、日常を過ごすようにしています。

 

ヨガの先生だからこうしなきゃ。と自分で感じてしまったり、
ヨガの先生だし、こうでしょ。と周りから声をかけらりたりすることもよくあります。

ただ、ヨガの講師である前に1人の人間として。

今を楽しんだり、怒ったり、悲しんだりしながら、毎日過ごしていたいなと。

 

そして、わたしがこれまで学んだり感じてきたOM YOGAのステキなところやメソッドをたくさんの皆さまに出会い、お伝えしていきたいと思っています。

 

次は、元気いっぱいキャンプガールなAiri先生です。お楽しみに♡

 

Maiko

担当講座:RYT200、メンタープログラム
講師プロフページへのリンク:http://omyogagroup.com/%E3%83%A8%E3%82%AC%E8%AC%9B%E5%B8%AB…
Facebook https://www.facebook.com/100002838535361
Instagram @maikko223

#OMYOGA #ヨガ#ヨガ資格

�–ヨガインストラクター養成専門スクール–
OMYOGA
東京都渋谷区恵比寿南1-9-4 長谷川力ビル4F
03-5724-3833

全国一斉に無料ヨガ(ギフトエコノミー)
YOGAMUDRA
http://yogamudra.jp


歌舞伎でマハーバーラタ

[2017年09月03日(日)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:YamabayashiYukari
先日、尾上菊之助さんが、インドで歌舞伎を披露されたそうです。
http://www.kabuki-bito.jp/news/426

なんでも今年は日印文化協定発効60周年の年だそうで、
その一環として、歌舞伎で
極付印度伝「マハーバーラタ戦記」
をされます。
予定では、東京の歌舞伎座で10月1日~10月25日までだそう。
マハーバーラタといえば、インド二大叙述詩で、
マハーバーラタの真ん中にある
「バガヴァッドギーター」は、ヨーガの教えがふんだんにちりばめられています。

TTCの中でも、何度もこの二つの単語は出てくるんですね^^

マハーバーラタのすごいところは、とにかく長い!!

長すぎて原本を全巻訳している日本人は未だにいません。要約されているものはありますが。

今回の舞台では、脚本家が入っているわけですから、
原本に忠実に・・・とはいかないかもしれませんが、
でも、その時の世界観に何か少しでも近づけたらと思い、
私もチケットを買おうと思案しているところです。

ちなみにチケットは9月12日~購入できます。

マハーバーラタって何?
どうせ昔の話なんでしょ?

難しそう・・・と思っている方は、ぜひ一度歌舞伎で見てみるというのもよいかも!!

ネットでみたら登場人物が全て漢字で書かれていました。
アルジュナは阿龍樹雷(あるじゅら)王子
クリシュナは仙人 久理修那(くりしゅな)

http://www.kabuki-bito.jp/mahabharata/contents/no01.html

初インドで、気づかされたことは、
一言でいうと日本のすばらしさだった。
私は日本人なのに、日本のこと知らない!!
インド人に何も説明できない!!そんな時間を過ごしたことを思い出します。
あの頃、生花の生け方も着物の着方も知らなかったけど、
少しずつ、少しずつ日本の伝統に触れる機会が増えている。
そして、今回は、私の初歌舞伎です。
もしかしたら、学生の頃学校に歌舞伎の方が来られて見たことがあるかもしれないのですが・・・
あの時その価値がわからず、ちゃんと見てなかったな・・・。

本当に申し訳ない限りです。

インド二大叙述詩を日本の伝統芸能である歌舞伎で!!
ぜひみんなにも触れてみてほしいなって思います。


1 / 41234
注目コンテンツ 受講講座リスト スクールリスト そのほかコンテンツ


2018 © OMYOGA. All Rights Reserved