外側のものを外側に保つ 

[2016年07月25日(月)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:

バガヴァッドギーターの5章27番目、28番目の詩に
このようにあります。
外側にあるものを外側に保って、
眉の間に目を保って(目を閉じて)、
等しく吸う息と吐く息を行い、
行動器官や感覚器官、考え、そして知性を
しっかりと統制できている人、
その瞑想する人、熟考する人、
モークシャこそが究極のゴールであり、
欲望や恐れ、怒りから自由なその人こそ、
まさに、いつも自由なのです。
(抜粋:ストレスから自由な生活)

「外側のものを外側に保つ」
ごく当たり前のことを言っているのは分かりますよね?

例えば、

靴は玄関において、靴を玄関より中にいれないように、
あるいは、知らない人を家の中にむやみに入れたりしません。
ちゃんと外側のものを外側に保てていると思いませんか?

では、考えはどうでしょうか?

考えには移り変わるという性質があります。

ある時は東京に、ある時はご飯に、ある時は友人や家族パートナーと、
考えの対象は一瞬一瞬変化します。
それは考えの性質なので、何も問題ありません。

ですが、もし、その考えに引っ張られてしまったら・・・?

その時、問題が発生します。

皆さんは、どんなことに考えが引っ張られますか?

私は、昨日誰かに言ったあの一言・・・

あぁ言わなきゃ良かった・・・と心が引っ張られるときがあります。
あるいは、
誰かに言われたあの一言・・・
昨日だけでなく、何年も前に言われた一言が、ある時思い出されて
自分をとても小さく見てしまうのです。
ある人はこれが、コンプレックスになったりするでしょう。
私もその中の一人。

考えは、いろ〜んな風に動き回りますから、

過去に言ったり言われたことなんかは、きっと思い出すこともあるでしょう。
だけど、それに惑わされて、心が大きく揺さぶられることのないように、
考えと考えの対象(外側)を引き離します。

外側のものを外側に保つ。

どうやって・・・?
聖典の学びと瞑想(熟考)をすることが、大きな役に立ちます。

外側のものを外側に保てていれば、

私はいつもシャーンティです。
だって、どんなものにも引きずられないのですから^^

外側のものと内側のものの区別を、さらにしてゆく必要がありますね♪

いつか、皆さんにこんなお話ができたら、め〜っちゃ嬉しい☆


注目コンテンツ 受講講座リスト スクールリスト そのほかコンテンツ


2017 © OMYOGA. All Rights Reserved