ヨガコラム

除夜の鐘

[2016年12月30日(金)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:YamabayashiYukari

もういくつ寝るとお正月~♪

お正月の前に、いろんなイベントがあり大忙しの日々をお過ごしではないでしょうか?
私は今年はインドで年越しを迎えることになりそうです。
日本にいると、ついつい後回しにしてしまうことや
日本なら当たり前に行われていることが、とても大事に思えてきます。
・年末の大掃除
・除夜の鐘
・紅白歌合戦
・おせち料理
・お正月に初詣
・がき使(笑)

今日は除夜の鐘について
=============================

除夜の鐘とは、大晦日(12月31日)の深夜0時をはさんでつく鐘のことを言います。
人には百八つの煩悩があると言われ、その煩悩を祓うために、除夜の鐘をつく回数は108回とされています。煩悩とは、人の心を惑わせたり、悩ませ苦しめたりする心のはたらきのことを言い、仏教における考え方からきています。

煩悩(心の働き)の中でも、苦しみを生む大本といわれるのが根本煩悩です。
私達が悩んだり、もどかしい気持ちになったり、時に苦しく感じてしまう原因はこの10種類だとお釈迦様は説かれたそうです。
・ 貧(ひん) ―むさぼり。5欲などの迷いの世界の生存に執着すること。
・ 瞋(しん) ―憎しみ・怒ること。
・ 痴(ち) ―真実を了解しないおろかさ(無明)
・ 慢(まん) ―慢心。他者と比べて優越意識を持つ。
・ 疑(ぎ) ―真理を疑うこと。
・ 我見 -我が心身、持ち物に執着した見方。
・ 辺執見 - 一辺に固執する偏った見方。
・ 邪見 ‐ ー道(道理)にそぐわない見方。
・ 見取見 - 自己の見解を最勝とする見方。
・ 戒禁取見 ー 誤った信念をもって、それに固執する見方。

==================================
う~ん、なかなか難しいですね。
ときには、これらの煩悩を無理やり落とすために、
対象物から離れることも必要かもしれません。

ときには、深く考えて理解から、それらの執着が落ちるかもしれません。

私自身は、ギータ―に書かれていることを少しずつ落とし込んで練習をしています。
こちらを見てみてね♪

除夜の鐘は、暗闇(煩悩)を落としてくれる、とても素敵な音の光(知識)なのでしょうね♪

私は除夜の鐘をきけないけれど、音の波動を思い出しながら、
来年、皆さんがさらに心地よく一年を過ごされますよう、お祈りいたします。

ギータージャヤンティ

[2016年12月09日(金)]
カテゴリ:

執筆者:YamabayashiYukari

ヨーガの聖典であるバガヴァッドギーターの誕生を祝う日です。
西暦で数えるわけではないので、いつもインドから誰かがこの日を教えてくれます。

今年は、12月10日(土)にあたります。

unknown-1
きっと、明日は各地のインドのアーシュラムにて、
バガヴァッドギーターへのプージャが行われ、
バガヴァッドギーターが1〜18章まで唱えられるでしょう。

私も、チャンティングを習ったところは唱える予定です。
明日のTTCの講座の始めに少しだけ唱えようと思います。
バガヴァッドギーターや様々な聖典があるからこそ、
私たちは、今ヨーガを学ぶことができています。
ありがとう

感謝を込めて。


インドでぜひ買ってみてほしいグッズ

[2016年11月15日(火)]
カテゴリ: カテゴリ名

執筆者:YamabayashiYukari

もうすぐ松本梨緒さんとヘッドティーチャーのかよ先生が、インドに旅立たれますね♪

もし、インドに行くことがあれば、探してみてほしい商品を紹介します^^

アーユルヴェーダの商品もお伝えしたいと思います。
1、ヒマラヤのリップクリーム
これは、インドに行ったらお土産に買ってくる定番です。しかも安い!!
25ルピーほどなので、50円です。(物価がかわってきているので、少し高くなっているかもしれません)
Unknown-1
2、トリファラパウダー
これはアーユルヴェーダの万能薬。しかも、手に入りやすい!
生理不順や生理痛、便秘など、いろんなことに効果的と言われています。
子宮筋腫などにも良いとか・・・?
私は、昨年、大量購入して婦人科系の疾患をお持ちの方にお土産に渡しました。
ブランドはできたらこれ!
VAIDYARATNAM
このブランドは、良質と言われているので、他のアーユルヴェーダのオイルなどもぜひこれで、そろえるとよいでしょう!!
トリパラパウダーは3つの果物が含まれるヴァータ・ピッタ・カパ全てによいとされているパウダー。
お湯に入れて混ぜて飲んでもよし、はちみつと混ぜて食べてもよし。

3、オイルマッサージなら、ダンワンタラムタイラ!!

全ての体質の方におすすめのオイルです。

これも上に書いてあるブランドがおすすめ!

4、アヌタイラ
蓄膿症とか、花粉症の方とか、鼻に炎症をお持ちの方は、すっごく良いです!2013-04-15s
5、マサラボックス&ターリー皿など
マサラボックスは、インドで良質のスパイスを買って、それをこの中に入れて使うことができます。
ターリー皿は、カレーを作ったときに、インドの雰囲気を味わえるかも♪
Unknown-2
images-1
6、クリシュナスィーツ
インドのスィーツは、とってもあま〜いのですが、
その中でも日本人の舌にあうかな?って思います。
質も良いので、これをお土産に持って帰っても大丈夫!
お腹を壊すことは、ないと思います。
空港にもあるので、特に南インドに行かれる方は、探してみてくださいね♪
どうでしたか?
今度行く機会があれば、ぜひ探してみてくださいね♪

ちょっとしたシャウチャされど大事なシャウチャ

[2016年11月13日(日)]
カテゴリ:

執筆者:YamabayashiYukari

久しぶりのオフィス。
ここ最近、ヘッドティーチャーのかよ先生と、あぁだこうだとテキストの再編集をしています。
頭にあった構想をまず形にして、それから、かよ先生と話し合う。
たまにテキストと関係のなさそうな内容にそれたと思いきや、それこそが言いたかったことだ! と戻ってくる。
そんな繰り返し。
お互いの理解を深めてゆく時間。

何度も何度も話してきたことが少しずつ形になってゆくのは、
やっぱりねぇ・・・ 楽しくてたまりません♡

===============================
もう一つ嬉しくなったこと。
そうだよ!それ大事だよ!って思ったことがあります。

OM YOGAのオフィスでは、毎朝掃除、瞑想をしてから業務に入ります。
いつものように掃除をしていました。
スタッフの一人が見当たらないので、どこに行ったのかと思ったら、
私たちが普段掃除すべきでないスペースまで掃除をしていたのです。

いやいや、そんなの気になった人がすればいいんだよ! と言う人がいるかもしれません。
でもね、そのままでいると、気づかないうちにホコリでいっぱいになってしまうんですよ。
これがなかなか出来ない。

与えられていることをするのは素晴らしいことです。
でも何かに気づいたら、それを行動してみる。

その人たちや行動が支えてくれている力はとても大きい。
実は町を見渡しても、自分の家を見渡しても、いっぱいそういうことがあるのだと思う。

ありがとう!!気づいてくれて。
ありがとう!!私も気づいたことをやってみるね♪

シャウチャとは清潔に保つことを指します。
これは、ヨーガ八支則(アシュターンガヨーガ)のニヤマの中の一つです。
TTC卒業生は一緒に見ましたよね?

さらに余談だけどね、 インドには出家をしたサンニャーシーという人たちがいます。
彼らは、モークシャに専心する誓いをたて、それ以外のあらゆるものを手放してよいと言われています。
なので、ヨーガで大切にされる儀式も手放すし、アーサナをしなくてももちろんOKです。

ですが!!! 例えサンニャーシーとて、これだけは大事にしなさい!というものがあります。
それが、ヤマ・ニヤマ。
基本中の基本。
そこだけは守ってくださいというのが、ヤマとニヤマなわけなのです。
日々を注意深く生き、大事にしてゆこうと思います。


あなたに合うもの合わないもの

[2016年10月21日(金)]
カテゴリ:

執筆者:YamabayashiYukari
HPやFBなどでもお知らせしていますが、来年のGWにアーユルヴェーダツアーを行う予定です。
その前に一足先に年末1ヶ月ドクターのところに滞在してきます。
昨年の写真を見ながら、あの澄んだ空気のもと、また学びを深められる時間を与えてくださる方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
DSC00841
さて、アーユルヴェーダを学んで、よくおっしゃられる人がいます。

「わかりました。で、何をしたらいいんですか?」

私もその中の一人でした。

実際、アーユルヴェーダの智慧は、実生活に役立つことばかりなのに、
現代のいろ〜んな情報と混ざって、
「ここにはこう書いてあるんだ、だから、いいんだよ。」

で片付けられているように私には見えます。

実際には、そういうものではありません。

アーユルヴェーダは自分自身で実践してこそ、学びを得られるものなのです。昨年一緒にドクターのところに来てくださったOYG卒業生も、

アーユルヴェーダの生活をしてみて、
「こうしてみたらいいんだな!ってわかりました」

と言って帰って行かれました。その生徒さんとは、今でもよく連絡をとりあい、食事や生活の仕方について、話をします。

ただ、知識を頭に入れるのではなく、

アーユルヴェーダにはこう書いてるけれど、
実践したら私にはどんな反応が起きるのか?

をちゃんと試してみてほしいんです。

例えば、牛乳。

アーユルヴェーダでは、サットヴァな食事の一つとして考えられており、
私たちに滋養を与え、オージャスを増やすと言われています。

オージャスは簡単に言うと、体が活き活きとしていくっていうことです。

私は、ドクターにこんな質問をしたことがあります。

私は、日本で牛乳を飲むと体調を崩してしまいます。

だけど、インドで飲むと、そこまでその影響があるようには感じません。と。

するとこんな答えが帰ってきました。

一つは、君には、牛乳を消化する力がそれほどない。

もう一つは、牛がどんな環境で育っているのか?を知る必要があるんだよということでした。

一つ目について、今日はお話しようと思います。
「一般的に体に良いものとされているものが、万人に良いとは限らない。」

確かに、牛乳はオージャスを高める食べ物と考えられているわけですから、

とても良い食べ物です。

が、それを消化できる力が、私の体には今ないわけなんですね。

良いものを食べても、消化できてなかったら意味がない!

むしろ、未消化物が体に蓄積されて、体にとって害になるわけです。

これって、普段からよ〜く自分の体とコミュニケーションをとってゆく中で、見えてくることなんです。

BeforeB11.1-1

こちらは、ドクターが私の体にあうフルーツを決めてだしてくださいました。
体質だけでなく、その時の気温や湿度、今の状態を確認しながら、食事を出してくださいます。
来年のアーユルヴェーダツアーは、

そんな自分と向き合う時間を作ってみたいという人の為のツアーです。

ドクターからも、君には、どんな食べ物がいいよとアドバイスをくれます。

単に、ヴァータ・ピッタ・カパという単純な見方を超えたものがあります。

自分にあうものを探す旅に出かけませんか?

同行者として、私Yukariと、昨年ドクターのところに来てくれたちえさんの2名

でサポートさせていただきます。

来年のGWだけど、一旦11月末で閉め切る予定なので、

考えておられる方は、早めにご予約してくださいね^^
こちらから


注目コンテンツ 受講講座リスト スクールリスト そのほかコンテンツ


2017 © OMYOGA. All Rights Reserved