インドへの旅

[2017年02月07日(火)]
カテゴリ:

執筆者:

ゆかり先生のコラムに続き、
昨年末に訪れたインドのお話です。

今回の目的は、
アーユルヴェーダの診療を受けること、
そしてそれ以外は何もしない、ゆっくり過ごすこと。
滞在先は、南インドのコインバトールにある
アーユルヴェーダの施設、MOUNTAIN TOP CLINIC
とても山深い場所にあり、目の前に広がる緑の美しさや、
少し冷たい澄んだ空気が訪れた人を歓迎してくれます。
この時期、この場所は
日陰はちょっとひんやり、日の差す場所はポカポカ温かいといった
日本の秋のような気候だったので、
とても過ごしやすかったです。
インドと言えば、灼熱のイメージがありますがそうでない時期もあるのです。
私は一週間の滞在中、
毎日ドクターの問診を受け、
1日2回のアーユルヴェーダの施術を受けていました。
ドクターは問診の際、
身体のこと、心のこと、愛のこと、などいろいろなことをお話してくださいます。
正直、1週間では短すぎて、もっともっと先生のお話を伺いたかったです。
アーユルヴェーダの施術は、
その人の体質や症状にあったものを行います。
私が行ったのは、
・アヴィヤンガ…全身にハーブオイルを塗布しながらマッサージを行う。オイルを身体の内部に浸透させ、溜まった老廃物や毒素を剥がしていきます
・ボディキリ…ハーブパウダーを布に包んだ「キリ」と言うバックを温めて、ポンポンとたたくようにトリートメントしていきます
・オイルバス…ハーブオイル5リットルをゆっくりと身体全体にかけていきます
・シロダーラ…ハーブオイルを絶え間なく額に垂らし続けます
ボディキリの後は、足がポカポカになって夜よく眠れたので、毎日してほしいくらいでした。
オイルバスは、気持ちよすぎて永遠にオイルをかけ続けてほしくなります。

施術の写真は取れないので、
お話好きの陽気なセラピストさんの写真を載せておきます。

「インドと言えば、カレーでしょ」
と思うでしょうが、ココは心と体の健康のための施設なので
香辛料控えめで、消化に優しいごはんがでます。
そして、とてもおいしい。



滞在中にクリスマスがあったので、
その時だけ、クリスマスバージョンのごはんが出たのですが、
メニューは激辛カレーと砂糖の塊のようなお菓子でした。
一般のインドの方はそういうのが好きらしいです。

インドのクリスマスケーキ。
インドでもクリスマスはお祝いするようです。

朝、夜明け前に起きて太陽が登るのを眺めたり、
ぼーっとしたり、瞑想をしたり、ヨガをしたり。
時間が空けば、
ぼーっとしたり、本を読んだり、ゆかり先生とお話したり、散歩をしたり。
日本にいる時と同じ1日は24時間なのに、
ここではゆったりと穏やかに時間が流れていきます。



すぐ隣の茶畑には、バイソンが来ます

ほとんどの時間をクリニックで過ごしたのですが、
少しだけ街にも出かけました。

コインバトールの街並み

街中なのに、野生のサルが何十匹も群がる謎のビル







旅の目的を果たし、
自分をまた少し知ることのできた旅でした。

Dr. Sundaraとゆかり先生と。
このお二人と行くOYGアーユルヴェーダのツアーがGWにあります。
ネット上では受付終了となっていますが、現在あと一部屋だけお部屋が空いているようです。
興味のある方は、オフィスへお問い合わせ下さいませ♪



注目コンテンツ 受講講座リスト スクールリスト そのほかコンテンツ


2017 © OMYOGA. All Rights Reserved