2015 8月

バカボンのバガ

[2015年08月31日(月)]
カテゴリ:

執筆者:YamabayashiYukari

これでいいのだ~~!

天才バカボンを読んだことはありますか?
私は、幼いころ、テレビでよく見ていました。

内容って、実はそんなに覚えていないんだけれど、
でも、なんでも、「これでいいのだ~」ですましているバカボンのパパをみて、

「あり得ないことしているわ」と失笑したり、
でも、時には、
「そうやねん、これでいいねん」と癒されていました。

つい、マネをしたくなったこともあります。
バカボンのパパになったつもりで、ゴロゴロしていて、
「ちゃんとしなさい!」って家族に叱られたこともあります。

天才バカボンの「バカボン」は、
英語の「バガボンド」(意味:漂流者)から来ているらしいのですが、

一説では、サンスクリット語の「バガヴァーン」から来ていると言われています。
「バガ」をもつ者、それが、バガヴァーン。
バガには、6つの意味がありますが、
簡単にいうと、

ありとあらゆるところに満ちている。
分かれてはない。
スピリチュアルの言い方でいうと、「ワンネス」
それが、バガヴァーンです。

「これでいいのだ~」って100%リラックスできるチャンスは、
自分が、自分でいてOKであるときに起こりえます。

でなければ、「これでいいねん」と言いながらも、
ココロのどこかで、ドキドキしている私がいるかもしれません。
「これでいいのだ~」
は、100%の信頼を自分におくことができて、ココロの底から言える言葉なのかもしれない。
そう最近思っています。

そして、多分、私は、
「これでいいのだ~」
ってココロの底から言いたくて、
ヨーガを学び続けてる。

なぜなら、そこに、
その答えと方法論が記されているから。

「これでいいのだ~」と心から思うのは、
怠惰になりたいってことじゃない。
何かからのプレッシャーのために、頑張りすぎることでもない。
そのままの私のことを、完璧に「私」が認めるってことなんだ。

私は、私でいていいんだって。

あなたの本質は、何者にもなる必要のない存在であると。
私は、その道のまだまだ最初の一歩を踏み出したばかり。
でも、その一歩が、私にとって、とても大きいものであり、すごく楽しかったりする。

だって、どんどん心が軽くなって、晴れやかになっていることを感じるから。

 

Yukari


チクタクチクタク…からだの中の時計

[2015年08月19日(水)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:KojimaSachiko

私たちが生活の中で、○時○分、○日、○月として使っているものは「太陽暦」に 基づいています。
みなさんご存知のとおり、1分=60秒、1日=24時間…

外の世界に決められた時間があるように、
私たちのからだの中にも、体内の環境が正常な 状態に保たれるよう、
私たちが健康に毎日を送るためのリズムがあります。

それが体内時計と呼ばれるもの。

人間の体内時計の正確さを測る実験では、1日=24.8時間であることが分かっています。

 

太陽暦(実生活)と体内時計はズレがある…
私たちは、このズレを太陽の光を感じることで調整するようにできています。

しかし、今の時代、電気が街にあふれ、テレビ、パソコン、スマホ等、夜になっても強い光にさらされている私たち。
乱れやすい体内時計はどんどんずれていきます…そして、睡眠やからだ、ココロも乱れてしまいがちに…

どこかで、調整が必要になりますね。

そこで、ヨガの出番です!

 

朝は、太陽の光を感じながら目覚めの太陽礼拝を行ってみたり

イライラしてなかなか寝つけない日は、足の内側を刺激してあげるポーズがおすすめです。
・・・・・・
スプタバタコナアーサナ:仰向けになり、両膝を立てたところから膝を外側へ開き、足の裏は沿わせておく。
その状態で、ゆったりと呼吸をくりかえしてみましょう。
・・・・・・

ココロにこびりついた感情をとりのぞいて、質の良い睡眠をとることも、
体内時計を整えるお手伝いをしてくれます。

 

日々のちょっとした心がけが、とても大切なのです。

今日できることは、今日のうちに
からだに優しい毎日をおくっていきましょう。

幸(Sachi)


夏バテ予防

[2015年08月15日(土)]
カテゴリ:

執筆者:YamabayashiYukari

朝も昼も夜も暑い、いえ、熱いと言ってもいいかもしれない・・・
と思っている今日この頃です。

皆さんは、夏バテしてませんか?

私は・・・
日々、夏バテしないよう、気を付けています。

気にかけていることは、多々ありますが、主なものは、これ。

 

◇1 アーサナのプラックティスでは、ボルスターを使って、リラックス。あまり、激しいヨガはせず、エネルギーの消耗を避ける。

◇2 暑くて寝苦しいときもあるけれど、睡眠は、しっかりとる。

◇3 水分をしっかりとる。でも、氷が入った水はできるだけ飲まない。冷たい飲み物は、避け、常温の物をとる。

◇4 ご飯はしっかり食べる。消化に良いものをとる。油っぽいものは避け、生ものを摂取しすぎないようにする。

◇5日傘やサングラスなどを使用して、直射日光を避ける。

 

そして、私が、ほぼ毎日仕事から帰ってしているのが、
クリスタルのザラメが入ったアイピローを、目に置くことです。

 

どうやら、私は、人より、日差しに弱いらしく、
外を歩いていると、すぐに目に熱がこもって、灼熱感で、目をあけることが辛いくらいになります。

キンキンにひやしたアイピローで、頭や目にこもった熱を抑えます。

 

ちなみに、クリスタルのザラメは、満月の日に、月あかりに照らして浄化しています。

 

これから、9月、10月まで、ほぼ毎日するんだろうなぁ~

目が辛いと感じる方は、ぜひお試しあれ♪

Yukari


空間の浄化

[2015年08月05日(水)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:KojimaSachiko

ココロやカラダは、どこへ行くにも
いつも私たちと一緒。

何気なく耳に入る生活音、目の前の景色など
目に見える物質的なものからだけでなく、目に見えない様々なものからも
常に私たちのココロやカラダは影響を受けています。

例えば、私たちが存在する空間。

ある場所を訪れた時に、居心地の良さを感じることもあれば、そうでない時もあるように、
目に見えないもののエネルギーを私たちは敏感に感じ取っています。

生きる中で、いろんな状況にふれる私たちだからこそ、
毎日帰るおうちでは、リラックスできる気持ちの良い時間を過ごしたいですね。
そこで今日は、わたしもよく行っている
空間の浄化法を紹介します。

【ホワイトセージのスマッジング】

ネイティブアメリカンの人々が、神聖な儀式を行う際に使う浄化方法。
ホワイトセージの煙で空間を燻して行います(スマッジング)。

-ホワイトセージの使い方-
1、ホワイトセージに火をつける。煙の中に浄化したいもの(アクセサリーなど)をゆっくりくぐらせてもOK。
2、浄化が完了したら完全に火が消えたのを確認し、窓を開けて部屋の換気を。
いらないものを外に出して、新鮮な空気を部屋へとりいれていきます。

火の取り扱いには十分に気をつけて行ってくださいね。

燻った時のホワイトセージの優しい香りは、リラックス効果も与えてくれますよ。
ヨガや瞑想の前に使うのもオススメです♪

幸(Sachi)



注目コンテンツ 受講講座リスト スクールリスト そのほかコンテンツ


2017 © OMYOGA. All Rights Reserved