2015 10月

インドへ~

[2015年10月30日(金)]
カテゴリ:

執筆者:YamabayashiYukari

今頃、私は、インド行きの飛行機の中で爆睡している頃かしら?
私は、インドが大好きです。

あんなにごちゃまぜな国なのに、なぜヨーガがあの国に根付いているのか、
私には、まだ分かりません・・・

ただ、言えることは、
なぜか、あの場所に、戻りたいと思うこと。

ヨーガを学んでいる人たちの考え方を聞きたいから。

そして、普段の生活の中で、自分の考えに起こっている摩擦が何なのかを見つめてゆくのです。
ですから、リゾート地でゆったりとしに行くのとは大きく違っています。

空港に到着して、両替をしに行こうと、列にならんでいると、
何度となく割り込んでくる彼ら。

始めの頃は、彼らに打ち勝とうと、割り込まれないように、必死でしたが、
今では、ニヤニヤしながら、あぁ、これぞインドだ!帰ってきたなと思っています。

もちろん、そのままぼーっと並んでいると、きっと、私が、両替できるのは、
そこに人がいなくなった時のはずです!
少し話が変わりますが、
一般的に、インド人男性は、外国人に、特に、愛想のよい日本人にとても優しくて、
親切な対応をしてくれます。
道を歩いていて、迷ってしまった時、通りすがりのオジサンに道を尋ねると、
ほとんどの人が教えてくれます。

問題は、知らなくても答えてくれることです。
ですので、道に迷ったときは、同じ質問を複数の人にします。
で、きっとこの人は信用できると思う人の話を信じて進んでゆきます。

残念なのか、それとも良いのか?
これは、ヨーガとも同じなのです。
現在、ヨーガについて、聖典のいろんな解釈が出回り、
こっちの解釈は、あっていて、あっちの解釈は間違っている!
な~んていう、私にとっては、ショッキングなことが起こっています。

ヨーガの道と同じ・・・
見極めの連続です。

なぜ、ヨーガがあの国で発展してきたのか?

まだ分からないけれど、
でも、あのごちゃまぜの国が、
私の、ごちゃまぜでいっぱいの考えと同じではないか?と思っています。
インドの皆さま、ごめんなさい。

「ごちゃまぜ」の文化の中で、整理しようと試みたり、
そのごちゃまぜを受け入れるように努力してみたり。
これは、私の考えの成長に役立ってゆくのかもしれない。

絡みに絡みきった糸を、ほどいてゆくように、
忍耐が必要かもしれないけれど、
でも、そのための時間を過ごせることが、
私には、たまらない♡

「私」の探求の旅は、これからも続きます。

さぁ、明日から講義が始まります!
これから1か月、私は、インプットの日々です。

いつか、皆さんを、インドに連れて行けたら嬉しいな♡

Yukari


季節のVegetable と栄養学 ~秋 きのこ編~

[2015年10月28日(水)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:FunabikiMayumi

季節のVegetable と栄養学 ~秋 きのこ編~

 

みなさん、こんにちは。

季節も涼しくなり、朝晩は冷え込むようになってきましたね。

毎年この時期に夕日を見ると、切なくなってしまうのは私だけでしょうか??

何だか、胸のあたりがきゅーんとする時があります。

何なのでしょうか、あの現象は。。。どなたかご存知ですか?

 

さて、今日は秋のお野菜の2回目として、「きのこ」を取り上げてみたいと思います。

きのこはたくさんの種類があるのですが、秋冬のお鍋にはかかせないお野菜ですよね!

さて、今日はそのきのこに含まれている栄養素についてのお話しです。

 

➀ 食物繊維が豊富!

とくに不溶性食物繊維が豊富です。腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を盛んにし、消化管を通過する時間を短縮させます。消化管内で水分をかかえ込んで容積を増加させます。それによって糞便の量を増やして便の排泄を促進します。また、体内の有害物質も一緒に排泄してくれます。

➁カロリーが低い!

カロリーが”0”と思われている方もいらっしゃると思うのですが、実はカロリーはあります。

ですが、低カロリーですよ。きのこの平均のカロリーは17.8kcalです。

③たくさんのミネラルを含んでいます。

ミネラルは体内では作ることが出来ないため、食物から摂取する必要があります。

ミネラルは微量でも、骨や体をつくり、体の調子を整えて、感情の起伏を低くしたり、疲労回復にも役立つ栄養素です。

その中でもカリウムが特に豊富です。

カリウムは高血圧や無気力症、心不全などを防ぐ働きが期待できます。

④葉酸を含んでいます。

葉酸は妊婦さんや胎児に良いと言われている栄養素です。

遺伝情報をつかさどるDNAを構成する核酸の成分で、欠乏すると細胞分裂や細胞の成長、DNA形成の阻害につながるため、妊婦と胎児にとって必須の栄養素です。

実は赤血球を作る際にも必要な成分で、妊婦や胎児だけでなく、誰にとっても必要な栄養素です。

⑤毒があるものには気を付けてください。

この時期、きのこ狩りにいかれる方もいらっしゃると思うのですが、毒があるきのこもありますので、くれぐれもよく調べてから、食されることをおすすめします(*^_^*)

 

今日はきのこで何の料理を作りましょうか~♪

みなさんの一日が素晴らしい一日となりますように☆

Mayumi


~体験談~からだの周波数を整える

[2015年10月21日(水)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:KojimaSachiko

先日、お友達の紹介で
「ヘッドフォンから聞こえる音を聴いているだけで、全身の健康状態をチェックしてくれて、
そのあと調子の悪いところを整えてくれる」
というおもしろい機器の体験をして来たのでご紹介します^^

まず、この体験したものがどんなものなのかをお話しましょう…
私たちが瞑想を行ったとき、
脳の中では、アルファ波(リラックス波とも呼ばれる脳波で、落ち着いた精神状態の時の脳波)と
シータ波(リラックスした状態からさらにまどろんだような状態の脳波)が生じるといわれています。
脳がどれだけ覚醒状態にあるか、リラックス状態にあるか等を周波数で表したものが脳波なのですが、
周波数は臓器・皮膚・骨、細胞といった個々の人間のからだの中の組織からそれぞれ固有の周波数を出しています。
そして、からだの異常細胞もそれぞれの異常状態に当たる固有の周波数を持っています。
それは人種や性別、年齢に関わらず同じ周波数を持ち、私たちの体内から体外に向けて常に放射されているそうです。

そのからだの600か所を超える骨、臓器などの固体のみならず、免疫、経絡、DNAレベルに対して、
ヘッドフォンから出る波動を各部位に共鳴させることによって、本来の周波数に近づけていきます。

もともとは、宇宙に滞在する宇宙パイロットの健康管理のために開発された機器だそうなのですよ。

まずは、その600か所を超える私のからだの中の今の状態をチェックしていきます。
○や△、×でその個所の状態がPC画面に表示されるのですが、
私は、胃が少々お疲れ気味の様子で△マークが多数…

一通り、全身のスキャンが終わったら、
気になる箇所に波動を共鳴させることで本来の状態へ近づけていきます。
この時に使うツールには、ストーンセラピーやレメディという項目があるんです。
それらが、どうヘッドフォンから聞こえる波動になって私に作用しているのか
もはや全く理解できませんが、それ以外にもいろいろなツールがあるようです。

体験後は、からだの中が整ったせいか、顔色が1トーン明るくなった気がするような…
気のせいが大事なのかもしれませんね。

さち


実りの秋

[2015年10月15日(木)]
カテゴリ:

執筆者:YamabayashiYukari

今年もこの時期がやってまいりました^^
秋の収穫を神に供えて感謝する祭り。

私の地域では、すでに稲刈りが始まっています。
ちょうど体育の日が近づくと、朝から元気なおじいちゃんと、おばあちゃんの声。
それから、お手伝いをしようと実家に帰ってこられたのか、
いつもは聞こえてこない、大人たちの声、子供たちの声でにぎやかになります。
さらに、機械のゴンゴン、ゴロゴロ、ブーンという音が聞こえてきます。

私のことをよく知っている人は、
「自然と共に生きていますね」と言いますが、
この時期になると、毎日天気予報を見て、いつ仕事を休みにするのか、
家族と話し合います。

そう、この時期の予定は、「私の都合」だけでは、なかなか決められないのです・・・
なぜなら、

友人とあうとき、
電車が遅れてるから、ちょっと待っててくれる?
と伝えると、ほとんどの場合、待っていてくれるでしょう・・・

でも、自然は待っていてはくれません。
「台風さん、今から稲刈りするから、ちょっと待っててね♪」
な~んて話は、聞いたことがありません。

「明日、網をはるから、どうか、イノシシさんこの場所には入らないでね♪」
とお願いしても、
逆にそのすきをついて、彼は、私たちの田んぼや畑の食物を食べにくるでしょう。

それが、自然。

その自然と向き合っている人たちがいて、
今、私たちは、たくさんの食物を手に入れることができます。

スーパーにいくと、たくさんの食物が並んでいて、代金を払えば、簡単に手に入ります。
だからこそ、忘れてしまいそうになる。気づかなくなることがある。

太陽や、水や、種や、土、肥料、微生物たち、そして、育てる人、収穫する人。

本当に、私たちは、たくさんのものに支えられている。

ナマステという言葉を知っていますか?
インドの言葉で、簡単に言うと、「おはよう・こんにちは・こんばんは」
これ一つ覚えていれば、インドの旅で、便利です^^

ナマステは、ナマハ「尊敬する・感謝する・明け渡す・ゆだねる」+テー「あなたに」から成ります。

私は、ココロから、言いたい。
自然にナマハを。

実りの秋よありがとう^^


季節のVegetable と栄養学

[2015年10月14日(水)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:FunabikiMayumi

栄養学 ~秋の野菜 さつまいも~

秋の野菜はからだに優しく、辛みや塩味の効いた夏の料理で疲れ気味の胃や腸の調子を整えてくれます。

ヨガで体を整えていますから、体の中(内臓)からいたわってあげましょう。

 

<秋の代表的なお野菜>

さつまいも、山芋、サトイモ、しめじ、じゃがいも、しいたけ、人参、ブロッコリー、ごぼう、玉ねぎ、カリフラワー…などなど

 

これらの材料がふんだんに入ったお味噌汁やシチュー、カレーなどはいかがでしょうか?

これからの季節ですと、お鍋も良いですね。

 

代表的なお野菜の“さつまいも”の栄養学を今日はご紹介します。

さつまいもはとっても甘くて、子どもから大人まで大好きなお野菜ですよね。

そして、蒸すだけで簡単に体に安心なお菓子変わりになります☆

そうです、蒸すのがポイントです。

最近は便利な物が出来まして、レンジでチンとすれば、5分から10分の間にさつまいものお菓子が出来ます。

ですが、さつまいもは電子レンジでチンするよりも、蒸し器や鍋に水をはった状態で蒸す方がはるかに甘く、そして美味しくなるのです♪

 

さつまいもにはアミラーゼという酵素が入っています。

でんぷん自体は甘さを含んでいませんので、そのアミラーゼが、でんぷんを分解して甘さを引き出します。

その際に電子レンジで加熱してしまうと、急激に温度が上昇して、さつまいも内の水分が蒸発してしまい、パサパサになってしまうのです。

その点、蒸し器で加熱すると、さつまいも内の水分量が保たれたままなので、みずみずしい美味しいお芋が出来上がります。

 

そして、さつまいもには便秘解消の役割もありますね。

栄養素の中にある、食物繊維が豊富で普段便秘気味の方にはもってこい!のお野菜です。

 

☆Yukari Yamabayasi先生情報☆

この時期は、アーユルヴェーダ的に見るとヴァ―タが増えるので、冷えたり便秘になりやすくなるそうです。

やっぱり季節のお野菜って体に合っているのですね(^-^)

みなさんも是非、蒸しさつまいも、作ってみてください。

ちなみに、私は鹿児島の安納芋が大好きです♪

今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

Mayumi



1 / 212
注目コンテンツ 受講講座リスト スクールリスト そのほかコンテンツ


2017 © OMYOGA. All Rights Reserved