2016 8月

ホーリーバジルの力

[2016年08月28日(日)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:YamabayashiYukari
私はついつい、自分にとって「大きい」とか「初めて」の何かを終えたら、
気が緩むのか体調を崩しがち。

いろいろ自分で背負ってしまってるんだろうな〜と思うところもあって、

肩の力を抜くことが、なっが〜いスパンでの私の課題です。
瞑想や哲学の学びの中で、少しずつ肩の力が抜けていけばよいなって思います。
抜けすぎて、怠惰にはならないように気をつけないとね笑

話は戻って、体調を崩したとしましょう!

例えば、風邪をひいたとき、
あなたは何をしますか??

休む・寝る
うがいをする
鼻うがいをする
消化の良いものを食べる
薬を飲む?

必要に応じて上記をしつつ、

私は、ホーリーバジルティーを飲みます!

ある時、移動により冷房がある部屋にずっといたり、講座で話しすぎたりしたせいか、
次の日から喉がガラガラになってしまいました。
少し熱っぽさも出てきたので
アーユルヴェーダ的に熱性のもの(なすび・ピーマンなどなど)を避け、
ホーリーバジルを大量に飲みました。

そうすると喉が回復したのです!

数年前に、忙しさからか声が出なくなったことがあって、その時は1週間、ただ声を出さないようにして(つまりは仕事を完璧に休んで)療養したのですが、
今回は、しんどいながらも、うまく調整しながら回復することができました。

自分の体とうまく向き合って、
ときには失敗して、
だからこそ、そこから学んで。
ちょっとずつ進んでいきたい。

さてさて、長く引っ張りましたが、

ホーリーバジルについてご紹介したいと思います。
ホーリーバジルはバジルの一種。
サンスクリット語ではトゥルシーといい、
インドに行くと、お寺の門にトゥルシーを育てているところも多々あります。

というのも、その場を清める力があるんだとか。

ちなみに、日本語ではカミメボウキというそうです。

お料理で、一般的なバジルと同様に使ってもらってもOKなのですが、
喉に痛みがあったり、風邪、気管支炎などのときは、ぜひ大量のトゥルシーティーを飲んでみてくださいね♪

<効果・効能>

免疫力向上
新陳代謝促進
風邪の初期症状の抑制(辛い喉の痛み、鼻づまり、等)

他にもオージャスを増やす食べ物として考えられています。
ホーリーバジルがないときは、バジルを含むシソ科の植物を摂取するといいです。

ちょこっとアーユルヴェーダ試してみてね♪


まわりのみんなをモミモミしよう

[2016年08月17日(水)]
カテゴリ:

執筆者:KojimaSachiko

みなさん、お盆はいかがお過ごしでしたか?

わたしは、長崎の実家で家族との時間を過ごしました。
甥や姪や子どもたちが一同に集まると
毎度、家中がてんやわんやで休む暇もないのですが
その賑やかさが実家に戻ってきたという安心感を感じさせてくれます。

頻繁に実家へは帰れないのですが、
家族って、近い存在だからこそ
なかなか気持ちを伝えられなかったり
言葉足らずになってしまったり、
そんなところがありますよね。

小さいころお母さんやお父さんにしてあげたみたいに
肩をとんとん、背中モミモミ
相手に触れてみると、コミュニケーションがうまくいきやすいかもしれませんよ。
わたしは帰省中は毎晩、母や妹や子どもたちにモミモミマッサージしていました。
そうすると、言葉に出さなくても、「ありがとう」や「大切に思っているよ」の気持ちって伝わっている気がします。

マッサージ

YOGAMUDRAのイベントで体験させてもらった「ハグモミ」という
さすったり、軽く叩いたりするマッサージが超簡単でおすすめ。
こどもの頃は母をマッサージしては指が痛くなっていたのですが、
そんなに力って入れなくても十分触れてもらうだけで
すごく気持ちいいんです。

高度なスキルや力は必要ないから
手の温かさで気持ちを伝えてみませんか。

ハグモミ
ハグモミ http://www.hugmomi.net/



蚊よけ対策

[2016年08月14日(日)]
カテゴリ: ヨガコラム・カテゴリ1

執筆者:YamabayashiYukari
あつい!あつい!!季節ですね♪
この時期、暑さと同時に困るのが「蚊」ではないでしょうか?
皆さんはどんな蚊よけ対策をしておられますか?
私がしているものは、二つ!!
1、まずは「ボカシ」
L3-6
バリ島に行ったとき、周りの方のおすすめということで買ってみました^^
これがものすごい万能薬なんです!!
<効果>
・虫除け
・虫さされ
(ある友人がハチにさされて、毒を絞り出したあと、このボカシを塗ってたら、なんと治ったと・・・。あ、、、でも良い子はまねしないでくださいね!!)
あせも
・やけど
・便秘
・冷え
・関節痛
 
に良いとされています。
私は虫よけじゃない時期でも、
香りが好きなので、よく塗布して仕事に行きます。
レモングラスに似た、とっても大好きな香りです。

レモングラスも、蚊よけ対策に良いですよ♪

2、ゼラニウム

ゼラニウムはエッセンシャルオイルの一つ。
私は、蚊よけ対策だけでなく、生理前やホルモンバランスが崩れているかも・・・と思ったときに、つけるようにしています。
<効果>
・落ち込み
・イライラ
・利尿作用
・女性ホルモンのバランス
・更年期障害
・蚊よけ
ちなみに・・・
最近、ホームセンターに行くと、こんなの見かけませんか?
zky
蚊嫌草とか、蚊連草と漢字で書いてあることが多いのですが、
カレンソウと読むそうです。
分かりやすく載っているサイトがあったので抜粋します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

蚊連草は、シトロネラとアフリカンゼラニウムの
異種交配によって生まれた植物です。

シトロネラにはシトロネラールという成分があり
その香りには蚊に対する忌避効果があります。

そして、蚊連草はアフリカンゼラニウムとの交配によって
シトロネラールの香りが強くなっています。

そもそも、蚊は人や動物の出す二酸化炭素や
体温を感知して寄ってきますが

シトロネラールには蚊の二酸化炭素察知能力を
低下させる効果があるのです。

二酸化炭素を察知する能力が低下した蚊は
人や動物を探しにくくなます。

つまり、蚊が寄り付きにくくなるというわけです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これが効果的かどうかは・・・?
賛否両論あるようですが、自宅でハーブが生き生きとしているのは
癒しになるかもしれませんね♪
Yukari

みんなあるある、無意識の癖

[2016年08月03日(水)]
カテゴリ:

執筆者:KojimaSachiko

身近な人から「歯ぎしりしてるよ」と言われたことはありますか?
わたしは先日歯医者に行った時、「歯ぎしりの癖がありますね」と言われてしまいました。

全く自覚なしでした…でもよくよく考えれば、起きた時に時々顎まわりがこわばっているような感じがあったのです。
からだは小さなサインを出してくれていたのだけど、わたしは気づかないフリをしていたのですね。

一日の中で上と下の歯がくっついている時間って知っていますか?
実は、食べ物を食べている時だけ=約18分なんですって!それを考えるとみなさんも日中無意識に歯ぎしりはしていなくても、歯を食いしばっていませんでした?

歯ぎしりは放置していると、虫歯や頭痛の原因となることも多いそうで、原因で最も多いのが、ストレスによるもの。
現代社会では日頃から仕事、家族、人間関係などいろいろな理由でストレスがたまります。これらのストレスをうまく発散できず、ため込んだまま一日が終わって床につくと、知らぬ間に歯ぎしりを起こしてしまうのです。
最新の研究では歯ぎしり、くいしばりはストレスに対する生体の防御反応としての生理的な現象で、ほとんどの人に大なり小なり見られる現象であることがあきらかになっています。

ha

では、歯ぎしりや食いしばりを改善するにはどうしたらよいか?

■質の良い睡眠をとる
快眠を妨げるような室内環境や寝具はやめて、心地よい環境づくりをしましょう。
自分で歯ぎしりの症状を改善する第一歩は、質の良い睡眠がとれる環境づくりでしょう。

■ストレスを減らす
歯ぎしりの多くの原因はストレスによるものです。自分にあったストレス解消法を見つけることが、とても有効な方法といえそうです。
仕事や作業に夢中になると、つい無意識のうちに顔や頬、顎、首、肩などに力が入ってしまいます。そして知らず知らずに歯を強くかみしめてしまうことも。仕事はメリハリをつけ、リラックスタイムをとって、できるだけ力を抜くようにしましょう。

また、顔や頭、首・肩などをマッサージしたり、関節部分をゆっくりと何度かまわしてみたり、寝る前に顔や首周りのマッサージをして筋肉の緊張をほぐし、血行をよくすることも大切です。

■気づいた時に口の中を緩める
デスクやPC、トイレなど、目に付く場所数か所に「奥歯をゆるめる」「歯の力をぬく」と書いた付箋を張っておきます。それを見たときにくいしばっていたら顎の力を抜きましょう。またお休み前には強く噛まないことを念じると寝ている間の歯ぎしりが軽減するそうです。

みなさんは自分の無意識の行動に気づいていますか?
まずは、気づくことからはじめましょうね。

気づきのあとに、
無意識の働きを変えるには、脳の働く回路を変えなければいけないので、ちょっと時間がかかります。
だけど、そこは気長にゆっくりと。
なにごとも解決方法はきっとあるはずです。



注目コンテンツ 受講講座リスト スクールリスト そのほかコンテンツ


2017 © OMYOGA. All Rights Reserved