2016 10月

あなたに合うもの合わないもの

[2016年10月21日(金)]
カテゴリ:

執筆者:YamabayashiYukari
HPやFBなどでもお知らせしていますが、来年のGWにアーユルヴェーダツアーを行う予定です。
その前に一足先に年末1ヶ月ドクターのところに滞在してきます。
昨年の写真を見ながら、あの澄んだ空気のもと、また学びを深められる時間を与えてくださる方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
DSC00841
さて、アーユルヴェーダを学んで、よくおっしゃられる人がいます。

「わかりました。で、何をしたらいいんですか?」

私もその中の一人でした。

実際、アーユルヴェーダの智慧は、実生活に役立つことばかりなのに、
現代のいろ〜んな情報と混ざって、
「ここにはこう書いてあるんだ、だから、いいんだよ。」

で片付けられているように私には見えます。

実際には、そういうものではありません。

アーユルヴェーダは自分自身で実践してこそ、学びを得られるものなのです。昨年一緒にドクターのところに来てくださったOYG卒業生も、

アーユルヴェーダの生活をしてみて、
「こうしてみたらいいんだな!ってわかりました」

と言って帰って行かれました。その生徒さんとは、今でもよく連絡をとりあい、食事や生活の仕方について、話をします。

ただ、知識を頭に入れるのではなく、

アーユルヴェーダにはこう書いてるけれど、
実践したら私にはどんな反応が起きるのか?

をちゃんと試してみてほしいんです。

例えば、牛乳。

アーユルヴェーダでは、サットヴァな食事の一つとして考えられており、
私たちに滋養を与え、オージャスを増やすと言われています。

オージャスは簡単に言うと、体が活き活きとしていくっていうことです。

私は、ドクターにこんな質問をしたことがあります。

私は、日本で牛乳を飲むと体調を崩してしまいます。

だけど、インドで飲むと、そこまでその影響があるようには感じません。と。

するとこんな答えが帰ってきました。

一つは、君には、牛乳を消化する力がそれほどない。

もう一つは、牛がどんな環境で育っているのか?を知る必要があるんだよということでした。

一つ目について、今日はお話しようと思います。
「一般的に体に良いものとされているものが、万人に良いとは限らない。」

確かに、牛乳はオージャスを高める食べ物と考えられているわけですから、

とても良い食べ物です。

が、それを消化できる力が、私の体には今ないわけなんですね。

良いものを食べても、消化できてなかったら意味がない!

むしろ、未消化物が体に蓄積されて、体にとって害になるわけです。

これって、普段からよ〜く自分の体とコミュニケーションをとってゆく中で、見えてくることなんです。

BeforeB11.1-1

こちらは、ドクターが私の体にあうフルーツを決めてだしてくださいました。
体質だけでなく、その時の気温や湿度、今の状態を確認しながら、食事を出してくださいます。
来年のアーユルヴェーダツアーは、

そんな自分と向き合う時間を作ってみたいという人の為のツアーです。

ドクターからも、君には、どんな食べ物がいいよとアドバイスをくれます。

単に、ヴァータ・ピッタ・カパという単純な見方を超えたものがあります。

自分にあうものを探す旅に出かけませんか?

同行者として、私Yukariと、昨年ドクターのところに来てくれたちえさんの2名

でサポートさせていただきます。

来年のGWだけど、一旦11月末で閉め切る予定なので、

考えておられる方は、早めにご予約してくださいね^^
こちらから


注目コンテンツ 受講講座リスト スクールリスト そのほかコンテンツ


2017 © OMYOGA. All Rights Reserved