RYT500/伊藤武によるサンスクリット語講座

RYT500選択科目 加算単位48H YACEP

RYT500/全米ヨガ アライアンス認定ヨガ インストラクター資格/サンスクリット語

 

RECOMMENDED POINTS

こんな方におすすめ
サンスクリット語が知りたい
サンスクリット語が難しいと感じる
有名なマントラを暗記して、歌ってみたい
要領よくサンスクリット語を覚えたい

CURRICULUM

受講カリキュラム
受講日数 受講時間
12日間(全12回) 48時間
講座内で学べること

サンスクリット語を修得するコツをお伝えします。
まずは、子どもが母国語を話し言葉から身につけるときのように、簡単なことから始めていきましょう。
修得方法をイラストを満載した書き下ろしテキストで紹介します。

◦有名なマントラを暗記して、歌ってみること
マントラには文法のエッセンスが詰まっています。

◦文字も文法もビジュアルとして覚えること
 ビジュアライズ(観想)はインド伝統の暗記術の要(かなめ)です。

◦50音それぞれの意味(音声のもつコトダマ)を把握すること
 なお、日本語の「あいうえお」の50音はサンスクリットの50音を真似たものです。

◦ヨーガ哲学を文法理論に敷衍(ふえん)すること
 実はインド哲学は、サンスクリット文法の構造に負うところが大なのです。

◦頻繁に用いられる語形変化だけを先ず覚えること

 

_TEACHER-担当講師-

伊藤 武

YAJ(ヨガ・アソシエイション・ジャパン)代表
マルマヨーガ創始者
文化人類趣味者・作家・イラストレーター・ヨーガ講師・サンスクリット語講師
http://itotakeshi.blog33.fc2.com/

1957年石川県生まれ。
1979年から、インド・ネパール・スリランカ・東南アジア諸国を何度も訪れ、遺跡、神話・伝説、風習、武術、食文化等の情報収集や調査を行う。
著書に『身体にやさしいインド』『こころを鍛えるインド』『図説インド神秘事典』『秘伝マルマ ツボ刺激ヨーガ』(講談社)、『ヴェールを脱いだインド武術』『図説ヨーガ・スートラ』(出帆新社)、『図説ヨーガ大全』(佼成出版社)などがある。

サンスクリットが難しい、なんて迷信。

サンスクリットは、古代世界では、インドだけではなく、東南アジア、中央アジアの共通語だったのだから。難しい言語が共通語になれるはずがありません。

いや、どんな言語であっても、それを極めようとしたら、ほんとうは難しいのです。
子どもが母国語を話し言葉から身につけるときのように、簡単なことから始めればよい。

ところが、通常のサンスクリット学習は難しく、難しく行なう傾向がある。
これでは、たいがいの人は投げ出してしまいます。
要領よくおぼえることが、修得のコツです。
わたしが、この十数年取り組んでいるサンスクリット学習のシステムを、イラストを満載した書き下ろしテキストで紹介します。

PRICE

受講料金
受講料 154,000円(税込)
※テキスト代(12冊)込み
[早割]
2019年4月10日までのご予約の方対象
一括 144,000円(税込) →10,000円お得!
備考

RYT500を取得するために必要な講座の一つですが、本講座単体のみの受講申込も可能になっています。
この講座は、YACEP対象講座です。「YPLE:ヨガの歴史、哲学、倫理とライフスタイルの実行」カテゴリに含まれます。

COURSE LISTS

開催講座一覧
RYT500 伊藤武によるサンスクリット語講座 2019/05/14開講(京都トコ会館)
スクール[京都トコ会館]
コース平日
日程2019/05/14~2020/07/28
取得期間12日間
募集状況 受付中