RYT200更新に必要なこと

2020/05/01更新

単位制だから自分のペースで資格取得可能

RYT200

平日・週末コース 短期集中コース バリ島短期コース
初心者も安心!ヨガインストラクターの資格である全米ヨガアライアンス(RYT200・RYT500)の資格取得がご自分のペースで

RYT200に必要なこと

RYT200にご登録されてる先生方。
ヨガアライアンスが定めている更新のための規程をご存知ですか?

それは、登録から3年以内に①45時間のクラス指導+②30時間のトレーニングが必要という規程です。
このうち②の30時間のトレーニングを提供している講師をYACEPと言います。
<こちらのページ>>にYACEPの詳細が書かれています。>

YACEPの検索方法

COVID-19で、自粛期間中にスキルアップを目指す方が多いのでしょか、最近OMYOGAにはYACEPのお問い合わせが増えています。
そこで本日は、OMYOGAのYACEPの検索方法をご紹介いたします。

OMYOGAのHPからこのYACEP講座を探すのはとても簡単です。
メニューから2通りの方法で探せます。

①メニュー>RYT200/500/RPYT>YACEP
②メニュー>PROFESSIONAL>YACEPのバッジがついた講座

気になる講座を見つけたら講座名をクリックしてください。コンテンツの中に入るとこのように単位時間が記入されています。

気軽に目指せるメンタープログラム

私たちの卒業生向けメンタープログラムは、比較的リーズナブルで単位時間も長めです。
卒業生のみなさまは、更新の際はメンタープログラムを是非ご利用くださいませ。
他スクールのみなさまは、まずは気になる講座を受けてみてはどうでしょうか?
人気なのは、シニアヨガとマタニティーヨガです。

今だけのオンライン措置

ちなみに現在は、COVID -19によるアライアンス措置としてオンラインでの単位取得が可能になっています。
OMYOGAの全ての講座はオンライン用として登録していますので安心です。

この機会だけのオンライン取得、お見逃しなく。


無料説明会・見学会のご案内
ヨガインストラクター養成講座RYT200
申込随時受付中
新『 お得なパッケージ受講 』
RYT200オンライン
RYT500オンライン
365日ヨガ・メディテーション