login

YA更新講座(CE)

【CE】とは‟ Continuing Education” の略、そして継続教育という意味です。
スクールやスタジオにおいて、CEは、アライアンス資格を更新するための講座をさします。

これは、ヨガをより深めていきたい方、もしくはヨガアライアンスが発行する全てのRYT資格を更新する際に受講しておく必要がある講座のことを指します。

ヨガアライアンスから認定を受けている
RYT200を含む全てのRYT(ヨガアライアンス認定ヨガティーチャー)は、
毎年資格の更新があります。

登録している場合は1年に1度の更新に加えて、3年ごとにアライアンス更新講座(CE)の単位を取得し、アライアンスへ申請する必要があります。
そしてそれを全米ヨガアライアンス協会のWebサイトに登録する必要があります。

【アライアンスが定めている更新の必要条件】

①45時間のクラス指導は、合計45時間のレッスンを行うこと
②30時間のトレーニングは、アライアンス継続教育講座(CE講座)で合計30時間の勉強すること

Recommended point
No1

RYTの資格を持つ人は、【CE】がついたクラスを受講すると、上記のヨガアライアンスの規定時間に計上することができ、ライセンス更新時に役立ちます。

Recommended point
No2

OMYOGAでは【CE】とついている講座を受講すると、ヨガ知識のブラッシュアップや新知識の取得、また自分自身の指導クラスにも役に立ちます。

Recommended point
No3

【CE】のついた講座・WS・コースは基本はRYT有資格者のためのクラスですが、RYT有資格者ではない方ももちろんご参加いただけます。

30時間のトレーニングは、
①下記の4つのカテゴリのどれかに当てはまること
②4つ全てのカテゴリについて勉強していること
が条件となります。OMYOGAでは、継続教育(CE)対象講座のHP備考欄にカテゴリ略称を記載しています。

4 Continuing Education Categories

4つの継続教育カテゴリ

略称カテゴリ名内容
TTPTechnique, Training,& Practiceヨガトレーニング、
テクニック
ポーズ、調気法、瞑想、アライメント修正など
TMTeaching
Methodology
ヨガ指導法ヨガシークエンス、伝え方、アシストやアジャストのしかた、
ヨガビジネス、有効的・効果的なヨガ指導について
APAnatomy &
Physiology
解剖学と生理学骨格、筋肉、筋膜、どのように体が機能しているのか、
チャクラやナーディなど
YPLEYoga Philosophy, Lifestyle & Ethicsヨガの歴史、哲学、倫理とライフスタイルの実行ヨガの系統、生徒とのリレーションシップ、八支則、古典ヨガなど

また、トレーニング時間について
接触時間=10時間以上、非接触時間=上限20時間、と定められています。

継続教育(CE)を担当できる講師は、
以下のいずれかです。

1:YACEP資格をもっている
2:E-RY200,500資格をもっている
3:アライアンスが定める専門スキルを有している

ヨガアライアンスの更新について

  • 更新には、継続教育プログラムやワークショップ(CE)の受講が必要です。
  • 30時間のトレーニング時間は自己申告制です。時間管理などはご自身で行っていただきます。
  • 3年以内にトレーニング時間が満たない場合は、次回更新するまで未登録期間となります。ご注意ください。
募集中講座のお申し込みはこちらから

講座一覧 / お申し込み

こちらでは講座お申し込みを行っていただけます。必要事項を記入の上、送信をお願いいたします。

ご希望の講座がない場合でもLINE@でお友達に追加していただくと新しい講座が開設・受付開始されたときにお知らせを受け取ることができます。ぜひご利用ください。

無料説明会・見学会のご案内
ヨガインストラクター養成講座RYT200
申込随時受付中
新『 お得なパッケージ受講 』
RYT200オンライン
RYT500オンライン
365日ヨガ・メディテーション