言葉~オーム~

2015/07/31更新

単位制だから自分のペースで資格取得可能

RYT200

平日・週末コース 短期集中コース バリ島短期コース
初心者も安心!ヨガインストラクターの資格である全米ヨガアライアンス(RYT200・RYT500)の資格取得がご自分のペースで

ア+ウ+ム(ン) の3つの音からなるのが、オーム
宇宙の創造から維持、そして、破壊まで、全てを音で表現したら、オームになる。
ヨーガスートラという本を読んだことがありますか?
むかしむかし、パタンジャリという聖者が編纂したと言われる詩の集まりです。
その詩の中で、パタンジャリは、オームという言葉を、使わず、
「プラナヴァ」という言葉で、オームを表現しました。
それは、オームという言葉への尊敬のあらわれだったそうです。
オームという言葉を使うには、あまりにもおそれ多い。
だから、違う言葉で表現したんだと。
それが、「プラナヴァ」でした。
この解説を、師から教えてもらったとき、
オームという言葉が、どれだけ、大切な音であり、言葉なのかについて、
考え直したと同時に、
一瞬にして、いろんな世界観が、どわっと浮き上がってきたのを憶えています。
また、「オーム以外の、ありとあらゆる言葉にも、音の波動と、その波動にのせられた意味があって、それらが、私たち一人一人に影響を与えている。
その宇宙観をほんの少し垣間見た時、
何も無駄なものや、無駄なことなどないのだ」
と心から思いました。
日々、私が、どんな風に話し、どんな言葉を使っているのか?
それが、私のカラダや、ココロを構成している。
そして、周りの人や物にも影響を与えている。
「食べ物があなたの血となり肉となる」という言葉を聞いたことがあるけれど、
どんな食生活を送っているのか?と同じくらい、
どんな言葉を扱うのか?は
大事なことだって思うんだ。
オーム シャーンティ シャーンティ シャーンティヒ Yukari

山林佑香里
AUTHOR山林佑香里
ヨーガのアーサナ、マントラ、ヴェーダーンタ、さらにアーユルヴェーダなど、様々な分野を 包括的に学び続けるため、定期的に、インドに行く。 同時に、学んだ事をシェアすることを 大事にしている。

無料説明会・見学会のご案内
ヨガインストラクター養成講座RYT200
申込随時受付中
新『 お得なパッケージ受講 』
RYT200オンライン
RYT500オンライン
365日ヨガ・メディテーション