バカボンのバガ

2015/08/31更新

単位制だから自分のペースで資格取得可能

RYT200

平日・週末コース 短期集中コース バリ島短期コース
初心者も安心!ヨガインストラクターの資格である全米ヨガアライアンス(RYT200・RYT500)の資格取得がご自分のペースで

これでいいのだ~~! 天才バカボンを読んだことはありますか? 私は、幼いころ、テレビでよく見ていました。 内容って、実はそんなに覚えていないんだけれど、 でも、なんでも、「これでいいのだ~」ですましているバカボンのパパをみて、 「あり得ないことしているわ」と失笑したり、 でも、時には、 「そうやねん、これでいいねん」と癒されていました。 つい、マネをしたくなったこともあります。 バカボンのパパになったつもりで、ゴロゴロしていて、 「ちゃんとしなさい!」って家族に叱られたこともあります。 天才バカボンの「バカボン」は、 英語の「バガボンド」(意味:漂流者)から来ているらしいのですが、 一説では、サンスクリット語の「バガヴァーン」から来ていると言われています。 「バガ」をもつ者、それが、バガヴァーン。 バガには、6つの意味がありますが、 簡単にいうと、 ありとあらゆるところに満ちている。 分かれてはない。 スピリチュアルの言い方でいうと、「ワンネス」 それが、バガヴァーンです。 「これでいいのだ~」って100%リラックスできるチャンスは、 自分が、自分でいてOKであるときに起こりえます。 でなければ、「これでいいねん」と言いながらも、 ココロのどこかで、ドキドキしている私がいるかもしれません。 「これでいいのだ~」 は、100%の信頼を自分におくことができて、ココロの底から言える言葉なのかもしれない。 そう最近思っています。 そして、多分、私は、 「これでいいのだ~」 ってココロの底から言いたくて、 ヨーガを学び続けてる。 なぜなら、そこに、 その答えと方法論が記されているから。 「これでいいのだ~」と心から思うのは、 怠惰になりたいってことじゃない。 何かからのプレッシャーのために、頑張りすぎることでもない。 そのままの私のことを、完璧に「私」が認めるってことなんだ。 私は、私でいていいんだって。 あなたの本質は、何者にもなる必要のない存在であると。 私は、その道のまだまだ最初の一歩を踏み出したばかり。 でも、その一歩が、私にとって、とても大きいものであり、すごく楽しかったりする。 だって、どんどん心が軽くなって、晴れやかになっていることを感じるから。   Yukari

山林佑香里
AUTHOR山林佑香里
ヨーガのアーサナ、マントラ、ヴェーダーンタ、さらにアーユルヴェーダなど、様々な分野を 包括的に学び続けるため、定期的に、インドに行く。 同時に、学んだ事をシェアすることを 大事にしている。

無料説明会・見学会のご案内
ヨガインストラクター養成講座RYT200
申込随時受付中
新『 お得なパッケージ受講 』
RYT200オンライン
RYT500オンライン
365日ヨガ・メディテーション