ヨガとの出会い

2018/06/12更新

今月より講師によるコラムのリレーが始まります。

初回とゆうことで、自己紹介を。

生徒さんによく質問を頂く“なぜ講師になったのか”

きっかけとなった、ヨガと、そしてOM YOGAとの出会いについて紹介します。

 

わたしがヨガと出会ったのはチィーチャートレーニング。

 

ヨガに出会う前、管理栄養士として活動していました。

食事だけで日常生活にアプローチって難しい。
頑張りたい‼︎と来られた方に、決まった時間しか面談ができず悶々としてしまい。

 

周りに独立して仕事をしている方が多かったこともあり、わたしも自分でやってみよー♪と退職。

 

どんな世代でも日常に取り入れられる。

そして、継続しやすいもの。

ヨガならできるかも‼︎

とティーチャートレーニングの受講を決めました。

 

そしてOM YOGAを選んだ理由。

先生が可愛い♡

とゆう、なんとも不純な動機です。笑
講座内容も確認はしましたが、レッスンすら受けたことのない当時のわたしには、他の養成校との違いが分からず…

最後は勢いで申し込み。

 

これがOM YOGAとヘッドティーチャーかよ先生との出会いでした。

 

ティーチャートレーニングでは苦戦の日々。

こんなのわたしに出来るのかなと不安や焦り、劣等感でいっぱい。

先生や同期にたくさん助けてもらい、何とか卒業。

 

そんな卒業だったので、今でも講座中にこの辺り辛かったなー。など密かに思い出しています。

 

卒業後、かよ先生考案のセラピカルヨガに魅了され、アシスタントにつかせて頂き弟子となりました^^

そして、RYT200のアシスタントも始め、あれよあれよとゆう間に講師の道へ。

 

講師としての日々では、ヨガの講師だからこうでなければいけない。とゆう考え方はしないよう、日常を過ごすようにしています。

 

ヨガの先生だからこうしなきゃ。と自分で感じてしまったり、
ヨガの先生だし、こうでしょ。と周りから声をかけらりたりすることもよくあります。

ただ、ヨガの講師である前に1人の人間として。

今を楽しんだり、怒ったり、悲しんだりしながら、毎日過ごしていたいなと。

 

そして、わたしがこれまで学んだり感じてきたOM YOGAのステキなところやメソッドをたくさんの皆さまに出会い、お伝えしていきたいと思っています。

 

次は、元気いっぱいキャンプガールなAiri先生です。お楽しみに♡

 

藤本摩伊子
AUTHOR藤本摩伊子
食事の面からスポーツ、医療の分野に興味を持ち、管理栄養士を目指す。 健診センターに所属し、管理栄養士として様々な年代の方と予防医学の分野で栄養指導に携わる。

年別アーカイブ