イメージを具体化して学ぶ

2020/07/10更新

単位制だから自分のペースで資格取得可能

RYT200

平日・週末コース 短期集中コース バリ島短期コース
初心者も安心!ヨガインストラクターの資格である全米ヨガアライアンス(RYT200・RYT500)の資格取得がご自分のペースで

中立とは?~体軸について~

中立講座day4「中立の体軸」が5月13日にオンラインで開催されました。

この講座はOMYOGAの基礎である「中立」について、パーツごとに分けてじっくりと学んでいくものです。

※“中立”は、MTY100という医師、医療従事者、ヨガ講師で行うシリーズの一つで、日本で初めて作られたアーサナ基準です。“中立”は解剖学正位を元にした9つの身体位置と2つの感覚器官のあり方を指します。

本来であれば、この講座は対面開講の予定でしたが、コロナウイルスの影響によりオンライン講座へ変更となりました。

私はオンライン講座初体験!のため、「オンラインってどうなの・・・?」と少し不安に感じていましたが、「わ、わかりやすい!」が1番の感想でした。

講座の様子

day4では「中立の体軸」について学びます。

体軸は、解剖学的に頭蓋骨・脊柱・肋骨・胸骨に分類されます。

講座は、3Dアプリを画面共有して骨の名前・筋肉の名前や場所・関節作用の確認をしていきます。

私がRYT200を学んだ際はまだアプリ等も少なく

教科書での2Dの世界を、頭の中で3Dに想像して学んでいました。

横からの見え方や奥行き、筋肉のつき方など、想像を膨らましていました。

もともと私は「解剖学ってなに?」の状態からヨガを学び始めたので、イメージにも限界があり、解剖や生理学への苦手意識は拭えないままでした。

今回アプリを使用しての講座を受講して、骨の一部をズームしたり、筋肉を一時的に消したり、全方向から筋肉や骨の位置が確認できるため、イメージを具体化して学ぶことができました。

具体化することで落とし込みやすく、どの位置にあるか明確になったので、実際に自分の体を触って確認・体感していくことができました。
前回ではイメージ通りに体を動かす難しさを感じましたが、イメージの具体化を体感したことによって、一歩前進した気がします。

次回の中立講座レポートは「骨盤帯」です!お楽しみに!

中立講座は、全7回の講座で単発受講も可能です。詳細はこちらのページから>>

RYT200卒業生の方は、RYT200のday1,day2で中立を学びますので、再受講制度でも復習可能です。
今はオンライン講座での受講も可能なので、遠方の方も必見です。

詳細はこちらのページから>>


無料説明会・見学会のご案内
ヨガインストラクター養成講座RYT200
申込随時受付中
新『 お得なパッケージ受講 』
RYT200オンライン
RYT500オンライン
365日ヨガ・メディテーション