login

中立講座

YA更新講座(CE) RYT500必須科目 単位数:21H

RYT500/全米ヨガ アライアンス認定ヨガ インストラクター資格

ヨガの怪我

一言にヨガといっても、現在は様々なヨガがあります。
その中でも身体の動きを中心に教えている方は、ヨガの怪我は気にしてほしい事柄です。
昨今ヨガ人口の増加とともに、ヨガで怪我をする人がふえ”ヨガの怪我”についての警鐘がなっています。
そのため、怪我の予防に役立つ講座がたくさんでていますが、実はその講座自体が根拠のないもがあるのが現実です。

“中立”は、MTY100という医師、医療従事者、ヨガ講師で行うシリーズの一つで、科学的根拠とともに日々発展しています。

難しくないヨガを

医師のシリーズは、専門的な身体の話に加え、ヨガでは対応できないケース、対応できるケースを学びます。
専門的な話とは、例えば人工関節の場合にしてはいけない動きは何か?脊柱の可動範囲から考える避ける動きは何か?などです。
このような話の説明を根拠立ててできるのは医師だからこそ。
証拠があることを学べるという安心感を得られます。
しかし、膨大な知識のためその一つ一つを覚え、またそれを応用するのは難しいといえます。
そこで中立が非常に役立つのです。
中立の良いところは、その法則にしたがって身体を動かすだけで、避けたい動きや注意すべき点のほとんどをクリアすることです。
人体骨格は、骨と骨の連結でありその骨を動かしているのは筋肉です。
中立は、骨の連結を正しく見ることで、筋肉の動きを正していくのです。もちろん骨の連結ですから、関節にも正しくアプローチできるのです。

11のアライメント法則で個体差にアプローチする

『中立』は、日本のOMYOGAの吉田香代子が提唱した”11のアライメントの法則”で、それは個体差にあった無理のない、だけど最大限の力を使う動きをひきだし身体的、精神的な健康を作ります。
中立の理論を理解し、アーサナ基準とあわせることでアーサナ(ヨガのポーズ)のアライメントのミスかコレクトを簡単にみわけられます。
アーサナとは関係のない、アスリートのパフォーマンスをあげる姿勢や、普段の歩き姿勢の矯正、瞑想時に集中できる姿勢作りなど、姿勢に関わる全てに、中立の理論は応用できます。

瞑想にも適した姿勢

中立の姿勢は、脊柱を安定させ、背骨を理想の位置に導きます。
背骨が理想の位置にあると、椎間圧のストレスがないため、呼吸がスムーズです。
また筋肉の過収縮や過伸張、神経圧迫などによる痛みから解放されます。
身体に感じるストレスがなければ自然と心は静かになります。だから中立の理論は瞑想に適した姿勢作りにも役立つのです。
ヨガ指導においてポーズだけでなく、瞑想方面からアプローチしたい先生にもおすすめです。

こんな方におすすめ

RECOMMENDED POINTS

  • 同じヨガポーズを人に教えているが、効いてる人と効いていない人がいる。そしてその理由がわからない。
  • 同じポーズをして、痛い時と痛くない時がある。そしてその理由がわからない。
  • 筋肉や関節の名前を知ってるだけになっている。
  • 一生をとおしてもっておきたい身体の知識を学びたい
  • 同じヨガポーズを人に教えているが、効いてる人と効いていない人がいる。そしてどのようにアプローチすればいいのかわからない。
  • 難しい筋肉や骨の名前、病気のことは覚えれられないが、身体の動きに詳しい人になりたい。
  • ヨガインストラクターとして本当に必要なスキルを磨きたい
  • 瞑想に適した姿勢作りのためにヨガポーズを行いたい人
受講カリキュラム

CURRICULUM

受講日数受講時間
全7回 ※単発受講可能 20.5H

講座内で学べること


DAY 1

理論・中立の足 / 3H


  • 中立の手
    :専門用語解説
    :領域の説明
    :解剖学上の位置づけ
    :アーサナの指標(中立のアライメント)
    (手関節作用時含む)
    :アジア人の姿勢傾向
    :ミスアライメント
    :アジャスト方法
    :アーサナ応用
  • 伝統的ヨガの考え/OMYOGA理論
    :アーサナの位置付け
  • 神の体、精神の体、心の体、肉体の体
  • 講師倫理
    :個々のアーサナトレーニング
    :個人的なサークルで教えるアーサナ
    :広く一般の人に肉体的なアーサナを教える上で必要なこと
  • 現在のヨガアーサナ基準
    :エビデンスについて
    :MTYの紹介
    :中立とMTYの関係
  • 中立概要
    :中立とは
    :中立のアライメントとは
    :9つの身体位置と2つの感覚器官
    :専門用語の簡易解説
  • 中立の足
    :専門用語解説
    :領域の説明
    :解剖学上の位置づけ
    :アーチについて
    :アキレス腱のアライメント
    :アーサナの指標(中立のアライメント)(足関節作用時含む)
    :アジア人の姿勢傾向
    :ミスアライメント
    :アジャスト方法
    :アーサナ応用

DAY 2

中立の足 / 3H


  • 中立の脚
    :専門用語解説
    :領域の説明
    :解剖学上の位置づけ
    :X脚とO脚の説明と修正方法
    :アーサナの指標(中立のアライメント)(足関節・股関節作用時含む)
    :アジア人の姿勢傾向
    :ミスアライメント
    :アジャスト方法
    :アーサナ応用

DAY 3

中立の手・腕 / 4H


  • 中立の手
    :専門用語解説
    :領域の説明
    :解剖学上の位置づけ
    :アーサナの指標(中立のアライメント)
    (手関節作用時含む)
    :アジア人の姿勢傾向
    :ミスアライメント
    :アジャスト方法
    :アーサナ応用

  • 中立の腕
    :専門用語解説
    :領域の説明
    :解剖学上の位置づけ
    :さる手について
    :アーサナの指標(中立のアライメント)
    (手関節・肩関節作用時含む)
    :アジア人の姿勢傾向
    :ミスアライメント
    :アジャスト方法
    :アーサナ応用

DAY 4

中立の体軸 / 2.5H


  • 中立の体軸
    :専門用語解説
    :領域の説明
    :解剖学上の位置づけ
    :骨盤帯・肩甲帯・頭頸帯との関係
    :ナーディーの説明
    :アーサナの指標(中立のアライメント)
    :アジア人の姿勢傾向
    :ミスアライメント
    :アジャスト方法
    :アーサナ応用

DAY 5

中立の骨盤帯 / 3H


  • 中立の骨盤帯
    :専門用語解説
    :領域の説明
    :解剖学上の位置づけ
    :骨盤と腰椎、股関節、他脊柱の動き関係
    :アーサナの指標(中立のアライメント)
  • 腰椎屈曲伸展(骨盤帯前後傾)のアライメント
    (股関節作用時含む)
    :アジア人の姿勢傾向
    :ミスアライメント
    :アジャスト方法
    :アーサナ応用

DAY 6

中立の肩甲帯 / 3H


  • 中立の肩甲帯
    :専門用語解説
    :領域の説明
    :解剖学上の位置づけ
    :肩甲骨と胸椎と他脊柱の関係
    :アーサナの指標(中立のアライメント)
    (肩関節作用時含む)
  • 胸椎屈曲伸展(肩甲帯屈曲伸展)のアライメント
    :アジア人の姿勢傾向
    :ミスアライメント
    :アジャスト方法
    :アーサナ応用
  • 中立の頭頸帯
    :専門用語解説
    :領域の説明
    :解剖学上の位置づけ
    :頭蓋骨と頸椎と目線と他脊柱の関係
    :アーサナの指標(中立のアライメント)
  • 頸椎屈曲伸展(頭頸帯前後傾)のアライメント
    :アジア人の姿勢傾向
    :ミスアライメント
    :アジャスト方法
    :アーサナ応用

DAY 7

中立の全身 / 3H


  • 中立の全身
    :専門用語解説
    :領域の説明
    :解剖学上の位置づけ
    :アーサナの指標(中立のアライメント)
    :アジア人の姿勢傾向
    :ミスアライメント
    :アジャスト方法
    :アーサナ応用
  • 中立の目線
    :専門用語解説
    :姿勢と目線の関係
    :瞑想と姿勢の関係
  • 中立の呼吸
    :専門用語解説
    :基本の呼吸方法
    :トリバンダの説明
  • まとめ
受講料金

PRICE

受講料全7回 35,200円(税込)
各1回 5,500円(税込)
テキスト代:5,500円(税込)
受講資格下記いずれか
・RYT200終了(他スクール可)
・MTY100解剖あるいはMTY100医師に聞くヨガの話〜整形外科学〜の話終了
・上記にあてはまらない場合もご希望の場合は一度ご相談ください

◉本講座は下記①②どちらかを選択いただけます。
(①②の両方に同時に加算することはできませんのでご注意ください。)

①RYT500加算希望の場合
・21単位加算 
・参加日をプラクティスカードに記載ください。
※有効期限:最終講座参加日より1年

②アライアンス更新講座(CE)の単位加算ご希望の場合
全米ヨガアライアンス協会のWebサイトに登録する際の情報はこちらです。

カテゴリーと時間数AP:21H
対面非対面スタジオ講座Contact hours or オンライン講座はNon contact hours
※ただし、2023年12月末までは、全てにおいて対面 Contact hours 扱いです。
担当講師Kayoko Yoshida
資格In person with someone who is not a YACEP OR Not in person
学習内容“Churitsu”
-Understanding the 11 rules of alignment.
-Practicing Tadaasana based on the11 rules.
-How to utilize the 11 rules in other yoga poses.
※カリキュラムは予告なく変更する場合がございます。
募集中講座のお申し込みはこちらから

講座一覧 / お申し込み

こちらでは講座お申し込みを行っていただけます。必要事項を記入の上、送信をお願いいたします。

ご希望の講座がない場合でもLINE@でお友達に追加していただくと新しい講座が開設・受付開始されたときにお知らせを受け取ることができます。ぜひご利用ください。

無料説明会・見学会のご案内
ヨガインストラクター養成講座RYT200
申込随時受付中
新『 お得なパッケージ受講 』
RYT200オンライン
RYT500オンライン
365日ヨガ・メディテーション