タントラ瞑想ヨガ講座1 -タントラ入門とチャクラとヴリッティの関係について-

タントラ入門とチャクラとヴリッティの関係について

タントラ瞑想ヨガ
伝統的なヨガの叡智。シュリ・シュリ・アナンダムルティ師の教え

<シュリ・シュリ・アナンダムルティ師(1921~1990)とは?>
インドに実在したタントラ瞑想とヨガの指導者。インド名はプラバート・ランジャン・サーカー。タントラ(※1)は、最初7000年前に、インドでシバ神が体系だてました。そのシバ神の教えを受け継いでいる伝統的なタントラです。

6段階の瞑想方法(※2)を弟子を通して、世界中に広めました。
日本ではまだあまり知られていませんが、世界中のあらゆる所に瞑想センターがあります。世界各地をつなぐネットワークがあり、グローバル規模で展開しています。特にインド・台湾に多く、台北には5か所瞑想センターがあります。近年、ロシア・中国で注目を浴びています。

宇宙意識とのつながりを表現するベンガル語の歌を5018曲作詞作曲し、「地軸の変動」に代表される著書は250冊以上に上ります。

プラウト(PROgressive Utilization Theory)と呼ばれる社会経済理論の提唱者であり、地球における様々な問題を解決し、すべての人が幸福に生きる平和な社会を目指しました。

※1)タントラ:タンの意味は、拡張。トラの意味は解放。タントラとは、マインドと精神を拡張させ、解放する科学です。
※2)6段階の瞑想方法:特別な長期に渡るトレーニングを受けたアチャリアと呼ばれる有資格者から、伝授を受けることができます。個人に適した、イシタマントラ、イシタチャクラを使う瞑想方法です。

Curriculum受講日数・時間

受講日数 受講時間
3日間 6時間

本講座の説明

タントラの指導者シュリ・シュリ・アナンダムルティ師の「ラジャ・ディ・ラジャ・ヨガ」
2000年前に、聖者アスタヴァクラによって考案されたヨガです。ラジャの意味は、王様。「王様の中の王様のヨガ」という意味です。
アサナをすることによって、内分泌腺に刺激を与え、チャクラと50のヴリッティをコントロールするヨガです。

  • シッダマントラ瞑想 BabaNamKevalam(サンスクリット語のマントラを使った瞑想)
  • キールタン(マントラをメロディにのせて歌います)
  • チャクラ活性法

を毎回行います。
1回目では、指導者シュリ・シュリ・アナンダムルティ師の紹介とタントラについて
2回目と3回目では、マントラとチャクラのその意味や働きについて
に加え、
第1チャクラがどのようにヴリッティをコントロールしていくのか?
第2チャクラがどのようにヴリッティをコントロールしていくのか?
にもアプローチしていきます。

1回目

シュリ・シュリ・アナンダムルティ師(1921~1990)の紹介
タントラ(Tantra)とは何か?その意味は?
タンの意味は、拡張。トラの意味は解放。
タントラとは、マインドと精神を拡張させ、解放する科学です。
タントラの5Mについて
  肉体的な(低次元)の解釈 精神的な(高次元)の解釈
Madya ワイン アムリタ
Ma’m’sa スピーチのコントロール
Matsya イダとピンガラ ナディ
Mudra’ 乾かした穀物 サットサン スピリチュアルな仲間
Maethuna 性行為 合一(ユニットマインドが宇宙意識と一つになること)
2種類のタントラについて
タントラには、ヴィディアタントラとアヴィディアタントラがあります。
ヴィディアは、ヴェーダとルーツが同じで、知識という意味です。
アヴィディアは、無知という意味です。アヴィディアタントラは、黒魔術としても知られています。
キールタンの説明
シバ神の妻 パルバティが考案したラリータ・マルミカという踊りについて
グループ瞑想をする時の歌 「サンガチャドゥワン」の説明

2回目

シュリ・シュリ・アナンダムルティ師(1921~1990)について簡単な紹介
第1チャクラから第5チャクラがコントロールしている宇宙の5大元素について
(個体、液体、火、気体、エーテル)
第1チャクラから第5チャクラの色と形について
第1チャクラ・ムラダラチャクラがコントロールしている4つのヴリッティについて
1. Dharma ダルマ 精神的スピリチュアルな願望 va
2. Artha アルタ 精神的な願望 sha
3. Ka’ma カマ 肉体的な欲求 s’a
4. Moks’a モクシャ 宇宙との合一 sa

3回目

1回目の復習
第2チャクラ スワディスタナチャクラがコントロールしている6つのヴリッティについて
1. Avajina’ 見下すこと ba
2. Mu’rccha’ 頭が働かない状態 bha
3. Prashraya 甘やかすこと ma
4. Avishva’sa 頭が働かない状態 ya
5. Sarvana’sha 全滅、消滅 への恐怖 ra
6. Krurata’ 残酷 la
内分泌腺とチャクラの関係について
オームパドメフム(チベットのマントラ)の意味について
クンダリーニが存在する所をman’ipadma,  maha’man’ipadma, maha’munipadma と古いサンスクリット語で呼ばれている。
フム(hummm) は、心の弱さ、心の動物性と戦う時の根源音です。
クンダリーニが眠りに打ち勝って目覚めることを表しています。

備考

同日に【午前コース】10:30〜12:30、【夜コース】19:00〜21:00、が開講されます。
お申込フォームの開講時間をご確認の上、お申込みくださいませ。

1回ずつ単体での受講もできます。
全3回でない場合は、お申込フォームの備考欄に希望回を明記くださいませ。例)2回目のみ。1、2回目。
振替受講可能。他曜日・時間コースまたは、タントラ瞑想ヨガ講座2への振替受講も可能です。
内容は回によって異なりますが、シュリ・シュリ・アナンダムルティ師の教えを学ぶ、という点で共通しています。

■テキスト:なし(プリントを配布します)
持ち物:筆記用具。
床に座っての講座になります。座りやすい服装、長時間座るのに快適だと思われるものをご自由にお持ちください。

■アチャリアのプロフィール:アチャリア ヴィジッタトマナンダ アヴァドゥータ
アルメニア出身 男性
母国語 英語
1993年、スェーデン、インドにおいてタントラ瞑想のトレーニングを終了し、シュリ・シュリ・アナンダムルティ師(P.R.サーカー)の6段階の瞑想を伝授する(イニシエーション)資格を取得する。
現在、日本、台湾、ロシア、中国において、タントラ瞑想を伝授している。
アメリカ、ギリシャ、エジプト、モンゴリアにおいて、ヨガ、タントラ瞑想を指導する。
2011年東日本大震災において、ボランティア活動に参加し、ヨガ、シッダマントラ瞑想を教える。
※アチャリアが、1回目と2回目のキールタンと瞑想を担当します。

Teacher担当講師

ゴーシュ直子

ゴーシュ直子
  • ラジャ・ディ・ラジャヨガインストラクター
  • 瞑想ヨガライフコーチ
  • シュリ・シュリ・アナンダムルティ師の6段階のタントラ瞑想の公式通訳者
  • ヨガセラピスト(シュリ・シュリ・アナンダムルティのヨガ療法)
  • 瞑想ヨガ歴40年
  • Subtle yogaにおいて、セラピューティックヨガのトレーニング終了(RYT500)
  • シュタイナー教育教員養成終了(ルドルフシュタイナーカレッジ)

■ プロフィール
屋久島在住
1977年、宇宙からのメッセージに導かれ、アメリカ人のシュリ・シュリ・アナンダムルティ師
(P.R.サーカー)のアチャリア(瞑想ヨガの先生)から、タントラ瞑想のディクシャ(秘伝伝授)を受ける。

1982年、インド・コルカタで開催されたシュリ・シュリ・アナンダムルティ師のダルマ・サミクシャを受けた日本人2人のうちの1人。(ダルマ・サミクシャを受けるとカルマの燃焼が起きる)

ミスワールド2016日本代表・吉川プリアンカ(世界大会トップ20入賞)の母。現在、屋久島で瞑想ヨガリトリートとファスティングリトリートを開催している。

ヨガティーチャー、瞑想ヨガライフを送りたい人のためのタントラ瞑想トレーニングを年に2回開催している。(タントラ瞑想のディクシャ(秘伝伝授)がトレーニングに含まれています。)


※もう1名アチャリア(瞑想の先生)がキールタン、瞑想を担当します。備考欄ご参照ください。

Schedule受講料金

受講料金 (全3回通し)18,000円(税抜)
(1回)7,000円(税抜)

「お電話で申し込めますか?」
「まずはお電話でお話を聞きたいのですが・・・」

と言う方は、まずご一報下さい。


本講座の開講情報

  • 開講スクール
  • 受講コース
  • 受講日程
  • 取得期間
  • 募集状況
  • 詳細・申込
  • スクール東京・恵比寿
  • コース平日(毎週 火曜日)
  • 日程2018/6/5~2018/6/26
  • 取得期間3日間
  • 募集状況受付中
  • 詳細・申込

  • スクール東京・恵比寿
  • コース平日(毎週 火曜日)
  • 日程2018/6/5~2018/6/26
  • 取得期間3日間
  • 募集状況受付中
  • 詳細・申込

  • スクール東京・恵比寿
  • コース平日(毎週 水曜日)
  • 日程2018/6/6~2018/6/27
  • 取得期間3日間
  • 募集状況受付中
  • 詳細・申込

  • スクール東京・恵比寿
  • コース平日(毎週 水曜日)
  • 日程2018/6/6~2018/6/27
  • 取得期間3日間
  • 募集状況受付中
  • 詳細・申込

注目コンテンツ 受講講座リスト スクールリスト そのほかコンテンツ


2018 © OMYOGA. All Rights Reserved