MTY100 解剖

RYT500必須科目 15

MTYは、医療者・医療従事者・OMYOGA認定講師が、OMYOGA理論をもとにヨガを科学的に紐づけ発信しているメンバー構成のことで、MTY100はその講座の名称です。

MTY100とは
「MTY100医師に聞くヨガの話」「MTY100 解剖」「MTY100実践アライメントヨガ」「MTY100実践セラピカルヨガ」の4つにわかれ、心身トラブルの予防や緩和につながるヨガを提案しています。
MTYの活動は
「理論や実践の講座を通して、安全な指導法を伝えていく」ことと「安全な指導法であることを証明していく」ことです。その目的は「ヨガインストラクターの活動の道を守る(安全を保つ)」「医療の視点からみた安全なヨガの指導法を追求する」ことです。

医療従事者から講座内で使用される解剖用語や知識を学ぶ講座。具体的な筋肉、骨、関節の位置、動きなどをRYT200内の解剖よりも詳しく学びます。合計3回の講座を通して、用語の知識の他、身体を可視化してみるように学習します。またMTY100の講座全体を通し、言葉の意味がわからず講座の習得がうまくいかない状況を防ぎます。この学びによって怖くてなかなか身体がさわれない状況からの脱出や、効果的な身体動作アプローチの基礎知識が身につきます。

本講座の理論をもとにした実践講座
本講座の理論をもとによくある症例を深く学べる講座

RECOMMENDED POINTS

こんな方におすすめ
解剖学とアーサナやプラーナーヤーマを紐づけて学びたい
身体の名称と位置を理解してアーサナにいかしたい
屈曲や伸展などの正確な情報を知りたい
解剖学を含む講座全般をストレスなく受けたい

CURRICULUM

受講カリキュラム
受講時間 15H (5H×3回 or 7.5H×2回) 
備考 *講座内容は変更する場合があります。
*講座内の情報はエビデンス作成に利用されます。ご了承ください
講座内で学べること
解剖学・運動学・生理学・物理学
解剖学
脊柱と骨盤(骨の名称とエリア・関節の形や動き・筋肉の起始停止・インナーユニットとアウターユニット)
生理学
呼吸と姿勢
運動学
筋肉の収縮様式・関節作用
講座内容
フレームワーク1
骨・筋肉(起始停止)・神経(中枢・抹消)
フレームワーク2
運動学:関節の動き・複合的な動き

*初回講座2019年春開講 情報をすぐに受け取りたい方はライン@にご登録

友だち追加

COURSE LISTS

開催講座一覧

受付中の講座はありません

現在受付中の講座がない場合でもLINE@でお友達に追加していただくと新しい講座が開設・受付開始されたときにお知らせを受け取ることができます。ぜひご利用ください。

友だち追加