RYT200の申請方法・費用について

RYT200の修了証を取得したら、“全米ヨガアライアンス200時間認定ヨガインストラクター”として登録作業が必要になります。申請に必要なものをあらかじめ用意しておくと、手際よく進められるでしょう。ここでは、スマートフォンでのRYT200の申請方法や必要な必要について詳しく解説します。

RYT200申請前の準備

 

RYT200の申請をする前に、以下のものを準備しておきましょう。申請をスムーズに進めることができます。

・RYS200からの修了証書の画像
・養成講座開始日と修了日
・メールアドレス
・クレジットカード

修了証書はアップロードに使用するので、予め撮影しておくと便利です。また受講した講座、インストラクター経験を登録する際、トレーニングコースの開始日と修了日の入力が必要になります。

クレジットカードは、Visa/Master/JCB等の利用が可能です。登録には以下の費用が必要となり、翌年以降は資格更新料として年会費$65(7,004円)がかかります。

初回申請料 年間登録料 合計
50ドル(5,388円) 65ドル(7,004円) 115ドル(123,92円)

 

※上記の日本円は、1$=107.75円(2019年10月2日現在)で計算しています

RYT200の申請手順

 

スマートフォン・パソコンのどちらからでも申請することができます。今回は、スマートフォンからのRYT200 の申請手順を紹介します。

ヨガアライアンスのアカウントを作成

まずは、スマートフォンから全米ヨガアライアンスのトップページ( https://www.yogaalliance.org )にアクセスし、ページ右上にある「Join」をクリック、アカウントの登録を行います。ページ内空欄には、上から順に以下の内容を記入します。

・名前
・苗字
・生年月日
・電話番号
・メールアドレス
・パスワード
・確認用パスワード

プライバシーポリシーの内容を確認したあと、同意ボタンをチェックしてください。さらに下にスクロールすると、ヨガアライアンスからのニュースメールの受信可否の項目がありますので、メールを受け取りたい場合はチェックを入れましょう。オレンジの「Create Account」をクリックしたら、アカウントの作成は完了です。

受講したプログラムの記入

ヨガアライアンスのアカウントを作成したら、受講したプログラムについて入力します。登録したアカウントからマイページにログインし、申請を行いたいインストラクターの資格である「Teacher」を選択。左上にあるRYT200のアイコンをクリックします。

登録ページを開いたら、RYT200(RYS200)のコースをチェック。受講したプログラムの開始日と、修了日をカレンダーから選択して入力します。

学校名の欄に「OMYOGA」と記入し、緑色のボタンで検索するとリストから選択することができます。

インストラクター経験を入力

次に「Teaching Hours」というタブに進み、インストラクター経験について入力します。レッスンのご経験がある場合、レッスンの開始日と終了日(登録日)、「Hours」欄に受け持ったクラスの合計時間を記入。レッスン経験がない場合は「0時間」でOKです。

「Class Type」からクラス形態(プライベートヨガ・スタジオレッスン(複数人)・フィットネスジムなど)を選択します。入力を終えると、登録したメールアドレスに、ヨガアライアンスからの登録完了メールが届きます。

修了書をアップロードし、学校に申請を送る

続いて、卒業校で発行される修了証を登録していきます。互換性のある保存形式は、以下の通りです。

・PDF
・Word
・JPG
・GIF
・PNG

スキャン、もしくは撮影した画像をアップロードしたら申請完了です。

卒業校の承認を終えると、ヨガアライアンスから学校承認の完了メールが届きます。学校によって差はありますが、OMYOGAでは承認まで約3日以内(3営業日)が目安となっています。3日以上経っても承認がない場合は、一度スクールに問い合わせてみてください。

登録料の支払い方法

 

修了書をアップロードし、学校から承認がおりたら費用を支払いましょう。支払明細書は保管し、ロゴ・ライセンスカードもダウンロードしておくと安心です。

支払い手続き

※画像はイメージになります

申請が完了したら、登録料を支払いましょう。入力が完了すると、画面中央にある「Pay Now」のボタンが緑色になるので、クリックして決済に進みます。入力する内容は以下になります。

・Teacher Registration(講師登録)
Legal name:(上から順に)名前・苗字
Directory proflie:(上から順に)講師としての活動名・講師一覧ページに記載される住所を記入

・Billing address(請求住所)
(上から順に)国名・住所・都市名・都道府県名・郵便番号を記入

※画像はイメージになります

・Designations and Costs(種類と料金)
「RYT200」を選択したら、「Pay Now」をクリック。行動規範・トレードマーク使用に関するポップアップの内容を確認したら、「Close」をクリックします。

また、ヨガアライアンス基金への賛助依頼についてポップアップ表示される場合があります。賛助する場合は「Continue」、賛助をしない場合は「I’d rather not donate at this time」を選びましょう。

支払い明細の確認

「Pay Now」アイコンより支払いに進み、「Payment Options(選択方法)」を選択します。支払いは、クレジットカードもしくはPay palでの支払いが可能です。

カード情報の入力が完了したら、「Payment Receipt」から支払明細書(レシート)が発行されます。「Download PDF」のアイコンより、支払い明細書のPDFファイルでのダウンロードできるので、控えておくと安心です。

ロゴ、ライセンス登録カードの取得

登録が完了すると、1年間、認定講師として登録されます。認定期間中に使用が可能である、RYT200の公式ライセンスカード・ロゴの取得を行なっていきます。トップページよりログインし、「Basic Dashboard(ダッシュボード)」から「Teacher」⇒「Teacher Dashboard」をクリックしてください。

・ライセンス登録カード(名刺サイズ)のダウンロードしたい場合:「Registory Card」を選択
・ロゴをダウンロードしたい場合:「Designnation&Logos」から必要なロゴを選択

 

【関連記事】

より深くヨガを学びたい方へ