ABOUT US

<OM YOGAが目指すビジョン>

「ヨガのある人生」を広げること。

OM YOGAが描く「ヨガのある人生」とは、
自分の中で大切なことをさがすこと、
自分が大切にしている人たちとつながること、
それが、家族、暮らし、世界の平和への小さな一歩になること。

たとえば・・・

過ごした環境や、睡眠時間で毎日の調子は違うから、体を動かす日があればない日もある。

悩んだり困ったら、信頼する人に相談したり、教えてもらったことを自分らしい考えでやってみる。

考えがまとまらない時や物事がうまくいかない時は、思いきり体を動かしたり、深呼吸をしたり、自分が好きなことをめいいっぱいする。

そんな移り変わる心に、時には立ち止まり向き合っていくことで、大きな心の浮き沈みを小さく、おだやかに変えていく。

好きな自分に追いつくために何かをさがし、周りの人や自然とのつながりに気づく作業を繰り返す。

この繰り返しで自分らしい自分に出会えたら、自分のことを大切に思い自分に優しくなっていけるかも。
そうすると自然と周りの人や空間の全てを大切に思い始めるかもしれません。

わたしたちが大切にしているヨガは、

アーサナ 体をうごかすこと
呼吸   バランスをみること
哲学   幅広く考えを巡らすこと
瞑想   自分と向き合い止まること
思想   自由でいつづけること

このヨガで普段の生活がヨガのある人生に変わると思っています。

一人一人違う人間だから、人の数だけヨガがあります。きっかけは体型維持かもしれないし、瞑想かもしれない。
それも人それぞれ違うけど、もしみなさんがヨガのある人生に興味があれば、OMYOGAが大切にしてることを知ってほしい。

ヨガのある人生を広げるためにOMYOGAが大切にしてること、それは

「アーサナ・瞑想・哲学・呼吸・思想」の連携を通じて、
自分の中で大切なことを「さがすこと」、
自分が大切にしている人たちと「つながること」

ABOUT ASANA

アーサナ体位・中立について

私たちのヨガは5つの側面を集めてできています。

その中の一つであるアーサナは、心と体に最もわかりやすく働きかるヨガです。
アーサナをすることは、質のよい呼吸、瞑想、思想、哲学につながります。

私たちはこの繋がりを紐解く答えが解剖学正位にあることを見つけました。
そして、それをさらに発展させてよりメンタルとフィジカルに働きかける法則を作りました。

その法則の中に中立があります。

「中立」は、解剖学正位(正しい骨の配列)をもとにした9つの体のアライメントと2つの感覚器官のことで、全ての「アーサナの基準」となっています。

この基準によって、今までわからなかったアーサナの答えが発見できます。

アーサナの答えを見出せる「アーサナの基準」がはっきり決まっているスクールはありません。

だから、「アーサナ基準」のある私たちのスクールは現役インストラクターやインストラクター養成講座の受講経験のある方からの評価が高いのです。

その理由は、ただの感覚ではなく、法則による理論に基づいて正確な判断ができるからです。
それは、今ここにある肉体をバランスするので、サトルボディに働きかけ、高次に導く内なる感覚を高めます。