資格を取得したい方へ

資格取得コースでは、OMYOGAライセンスとRYTの認定資格が取得できます。

【OMYOGAライセンスとは】

OMYOGAライセンスは、OMYOGA独自の理論をもった講座を受講することで取得できます。この各講座は、OMYOGA理論をもとに作成され紐付けられているので、受講することで統一の理解がさらに深まります。

OMYOGAの理論が反映されている講座は下記です。

ライセンス1
OMYOGA修了資格

理論が反映された講座のうち、RYT200/500/RPYT/シニアヨガ/
MTY100の修了者がもてるライセンス。終了者はOMYOGAの名前をつけたクラスをできます。

ライセンス2
OMYOGA認定講師

E-RYT200講師養成講座、および研修やテストをクリアした者がもてるライセンス。終了者は、OMYOGA認定講師としてE-RYT講座の講師や一般クラス以外の様々なヨガ活動に携われます。

*「E-RYT」は、Experienced Registered YogD TeDchers(経験登録ヨガティーチャ ー)の略。RYTを指導する講師権限をもてます。

ライセンス3
MTY100 講師資格

OMYOGA RYT200の修了者かつ医師・医療従事者で所定のテストや面談をクリアしたものがもてるライセンス。チーム参加者はMTY100の講座を担当できます。
MTY100とは

【RYTとは】

1980年代にアメリカで誕生した、非営利組織「全米ヨガアライアンス協会」が認定する資格。授業時間、内容、指導者のレベルなど「全米ヨガアライアンス協会」が定めた基準を満たした認定校(RYS)において、規定のカリキュラムを200時間/500時間修了すると、RYT200/RYT500に登録されます。

世界50カ国以上で通用する、ヨガ指導資格とされています。またマタニティーヨガに特化したカリキュラムを85時間修了するとRPYTが登録でされます。
(一部ヨガジャーナルオンラインより引用)

<YACEP>
ヨガアライアンスから認定を受けたRYT指導者は、毎年更新の必要があります。
そのための制度にYACEPがあります。詳細についてはこちらから

【名称について】

「RYT」はRegistered Yoga Teacher(登録ヨガティーチャー)の略。規定のカリキュラムにあわせ「RYT200(200時間)」「RYT500(500時間)」と表されます。認定の種類は、200時間、300時間、及び500時間レベルがあり、これを満たしたヨガティー チャーには、以下の称号が与えられます。また 「RPYT」は、Registered Prenatal Yoga Teacher(登録マタニティーヨガティーチャーの略)