RYT200バリ島

OMYOGA RYT200 IN BALI

RYT200バリ島は3週間にわたってインドネシア・バリ島でヨガを学び、RYT200を修得するコースです。 日本を離れ、時間と心のゆとりを持ってヨガを学び、楽しいひと時を一緒に過ごしましょう。

神々の住む島というだけあり、そこかしこに神秘的な風景がちりばめられているバリ。特にウブドでは町全体が自然と融合した空間で日本では見かけることがありません。緑、暖かな光、プール、動物たち・・・日常の一コマがどれも非日常で平和な環境です。

ヨガアライアンスで定められる180時間の対面での授業を、1日8~9時間×21回の単位でこなします。時間不足の場合は、時間数だけでなくそれに見合ったカリキュラムが受講できないことになり、アライアンス規定外となるので注意が必要です。

ご質問に多い講座での利用言語は日本語です。翻訳時間をいれないため、講座も質問もタイムリーにかつ時間は倍数分学べます。つまりそれほど学ぶ内容があるということです。また、特に解剖学の言葉や歴史、思想、哲学など繊細なニュアンスになるほど日本語での解釈は重要です。200時間は思っているより時間が短いものです。その期間に多くのことを学ぶため日本語で講座をしています。

RYT200はカリキュラムの所要時間はどこでも一定ですが、内容は異なります。OMYOGAのトレーニングでは医療従事者からもお墨付きの理論が軸となって紐付けられた内容で一貫性のある学びを習得できます。OMYOGA認定講師はそのスキルを習得したものだけがもてる資格で、海外の場合でも認定講師がリードトレーナーとして指導にあたります。講座には1名以上のアシスタントが同行し、質問などもリードトレーナーに届くように配慮しています。RYT200取得の目的の中でも充実した学びを優先したい方におすすめです。

私たちが準備している卒業生限定のメンタープログラムやスキルアップのための講座は日本に帰ってきてからも学べます。座学に関してはオンラインプログラムもあるので海外からでも参加可能。終わった後も継続した学びができる安心のシステムです。

卒業生限定プログラム

ヨガアライアンスの代表的なライセンスはRYT200とRYT500です。RYT200終了後も卒業後システムを利用し学びを続けることで自然とRYT500を習得することができます。

RYT500概要

RECOMMENDED POINTS

こんな方におすすめ
日本から離れ非日常の環境での資格取得を考えている
一流講師から学びたい方
本格的なヨガを学びたい方
ヨガを生活にとりいれたい方
卒業生からの評価が高いスクールを選びたい方
すでにRYT200をとったが、スキルの面で不安がある方
仕事をするために、スキルとビジネス面で即戦力がほしい方
自分のためにヨガを学びたい方
卒業後も繋がりがほしい方

CURRICULUM

受講カリキュラム

バリ会場はウブドホテル内のスタジオ。
クラス中には鳥の声やさわやかな風の音がしてきます。
時折レストランからの美味しい匂いがしてきます。
すぐそばにはプールがあるので、余裕があれば昼休みやクラスあとに一浴びしてリラックスもおすすめ。
その他バリ校での様子を下記にまとめているので参考にご覧ください。

DAY1-2

解剖学的正位を学び、神経系にストレスのかからない骨や関節の位置や動き方を学びます。

DAY3-12 / カラダ

基礎のポーズを習います。アーサナの正しいアライメント、アジャストの仕方やアーサナを深める練習の仕方を学びます。

DAY3-12 / ココロ

ヨガの歴史や心の状態を学びます。

DAY13-19 / カラダ

シークエンスを作ってヨガクラスの一連を作成、発表。応用ポーズへ進みます。

DAY13-19 / ココロ

有の瞑想、無の瞑想を学び心の変化を学びます。

DAY18-21

最終テストと卒業後のヨガでの仕事やブログ作成でアピール法等を学びます。

1日の時間軸

朝の始まりは質疑応答からスタート
その後、アーサナなど体を動かす時間です。
お昼をとった後は座学や心を動かす時間です。
膨満感がおさまった後再び体を動かす時間が入り1日が終わります。

課外授業

DAY1~21の間に、みなさんとスケジュールをあわせて課外授業に出かけます。
課外授業では寺院へ行って禊をしたり、インドの二大叙述詩であるラーマーヤナを観に行きます。
どうしてスケジュールをあわせるかというと、立ち入る寺院は生理だとはいれないから。
そんな神聖なスポットへおでかけ。
2018年は、授業のついでに巨大ブランコに乗りに行ったり、ウルワツ寺院にも行きました。
*その年や行事内容により行き場所は異なります。
会場でもあるウブドは、バリヒンドゥーのエリア。
歴史や哲学にリンクするような文化や建築物にたくさん触れることができます。
課外授業では現地バリの人と一緒に行動するのでいろんなお話を聞ける機会にも恵まれています。そして何よりちょっとしたリフレッシュになり、ヨガのクラスへまた集中できるんです。

ライステラスと蓮の花。自然がいっぱいのバリ会場。
講座の開催場所は世界各国のヨギが使用するHotel GREEN FIELDホテル内のヨガスペースです。食事も環境もとってもヘルシー。贅沢で上質な空間です。
ウブドは世界各国からヨギが集まる場所として有名で、ヨガスタジオも沢山あります。
そのためオーガニック・ビーガン専用のショップも沢山あり、その他アジアンフードから日本、フランス、メキシコ各国のお店が点在。少し足を伸ばせば世界遺産を見にいける素敵な場所です。

会場のホテルはバスルームも庭も全て広くなっていてシェアをしてもストレスなく過ごせます 。
ウブドのメインストリートに面しており , ショッピングやウエルネス施設等が周囲にあります。

ライスフィールドに囲まれた広い敷地には、2つのプールと SPA,レストラン等が新設されていますが、お値段はとてもリーズナブル!

ウブドはバリヒンドゥーの街で、ヨガの思想や哲学がおりこまれた神秘的な場所や催しが街のあちこちで見ることができます。
講座内でもいくつか出かける予定があります。例えば ” ティルタ・ウンプル ”悪いものを流してくれる場所があります。
バリアンと言われる祈祷師とともに、祈りを捧げながら禊を受けることもありますよ。

 

講座はウブドのグリーンフィールドホテル内の会場で行われます。
おすすめは会場ホテル(グリーンフィールド)ですが、旅慣れしてる方、好きな趣味がある方は他のホテルももちろんおすすめです。
選ぶホテルによっては、コストをグッと下げることもできます。
こちらでは、会場ホテル(グリーンフィールド)とそれ以外の宿を実際に泊まった卒業生からコメントをよせていただきました。

OMYOGAと10年以上お付き合いのあるホテルスタッフは、安心信頼できる人々です。
日本語対応のスタッフも多数いるので困ったことがあっても安心です。
会場がホテル内のため、時間のストレスもありません。
実際に止まった受講生からいただいた言葉を下記にまとめました。


【食事について】

朝食はブッフェスタイルなので毎日好きなものが食べられる。少しずつ内容も変化するので飽きない。
フルーツやフレッシュジュースが最高。
朝のご飯をキープして昼食にすることで節約できた。

【ホテルスタッフについて】

みんなフレンドリー。日本語が話せるスタッフもいるので安心。

【お部屋について】

部屋が広い。毎日掃除してくれて気持ちいい。景色が良くて庭もあるのでのんびりリラックスできる。

【その他】

  • ホテルでランドリーが出せるので楽。
  • 無料の送迎で色々行ける。
  • トレーニング会場まですぐだから便利。
  • 歩いて行ける範囲にも美味しいレストランがたくさんある。(サラダ屋さんが美味しかった)

トレーニングでは約3週間ほどの滞在となります。
過ごすホテルや、それぞれの好みによってあればよかったな。と思うものがあるようです。
ここではそんな一例を参考として掲載しています。

【必要と思ったものリスト】=============================

■ はるかさん(30代女性)

洗濯バサミ、ハンガー、薬、虫除け、沢山の服はいらない(クリーニングに安価で出せる、夕方に出せば翌日の夕方仕上がり)長袖を多めに持って来ればよかった


■ 美輪さん(30代女性プチ潔癖)

炊飯器(バリ島にて約2000円)、インスタントラーメン(辛くて食べられない、味が濃かったり、辛かったりする、食べてみないと分からないから)ノート、消せるボールペンと替え芯、雨合羽、ウエットティッシュ(特に潔癖の人は)便秘症の人は自分に合った薬、下痢止め吐き止め、鎮痛剤、パーカー等、厚手の上着1枚。


■ ゆうこさん(40代女性プチ潔癖)

日本の虫刺され用の薬(効果強力な物)コーヒーが好きな人はドリップコーヒー(バリのコーヒーも飲めるけど日本のコーヒーが飲みたくなる、現地でバリコーヒー以外のコーヒーを毎回買うとなると高い)シャンプーやボディソープ、石鹸等こだわりなければ現地で購入出来るから持って来る必要ない、プチ潔癖なひとは枕周りに敷くハンドタオルや消臭のもの等(特に宿が安くなる程、必須)


バリに来て全ての環境が変わるため、変えないものも必要です。
ほとんどのものは現地で購入できますが、毎日の生活にはいっていて自分のライフスタイルの軸になってるものなどは持ってくることをおすすめします。
例えばゆうこさんの場合はコーヒーだったり、三輪さんの場合はお米だったりするかもしれませんね。
準備の前に少し立ち止まって自分の軸を作ってるものを一緒に詰め込んで、200時間に備えてくださいね。
快適なバリの旅を!

短期集中の講座は覚えることが山盛りと~ってもつらい。
毎年生徒さんからも悲鳴のような声が聞こえてくる・・・なのに、皆しっかり遊んでいます。不思議です。
でもこの時間がとっても大切なんですね。
心身をいたわるためにも無理のないようにしてストレスも発散させていくのがおすすめです。
滞在していた皆さんの実際の声をもらっているので参考にしてください。
おおよその価格についても紹介しています。

食事について

ほとんどのホテルには朝ごはんがついているので主にお昼や夕食を参考にしてください。
超ローカルフード 5.000Rp~/1食(約50円)
ローカルフード 25.000Rp~/1食(約250円)
現地式の持ち帰り可能。
ツーリスト向け 50.000Rp~100.000Rp/1食(約500円~1.000円、ドリンク別)
ツーリスト向けは他に比べると高いですが、イタリアン、アメリカン、メキシカンなどなど日本よりかははるかにローコストで食べれます。
普段はローカルフード、時々ツーリスト向けもおすすめです。

トレーニング後や遊びについて
勉強編

毎日出される課題は、例えばアーサナの名前やティーチングを覚えてくることだったりヨガクラスを構成してくること。自分の心の中を書き出すことなど。 決してこなせない量ではありませんが、ホテルのあちこちでそれぞれのやりたい方法で勉強している皆さんをみかけました。

【皆が勉強していた場所】
部屋、カフェやレストラン併設のプールサイドなど

遊び編

ウブドにはヨーロッパやフランス人が多いエリア。
最近カフェが急増したこともあり、行きたい場所も目白押しみたいでした。
毎日行く人は少なかったですが、5日おきにある休みの前の日にまとめて勉強して、休みの日にお出かけしていた方が結構多かったです。

【皆が遊びに行った場所】
買い物/ウブドマーケット、オーガニックショップ
スパ/1500円前後
レストラン併設プール/ご飯食べたら無料で使用できる
ネイル/2000円前後
ヨガ/1500円前後
美術館/1000円コーヒー無料
カフェ巡り
散歩/campuhanridgewalk(奥にスパあり)
バイクでプチ旅
クタ
ビーチ

とにかく遊びに学びに大満喫している皆さんは疲れていても毎日ツヤツヤ光ってるのが印象深かったです。

PRICE

受講料金

バリ島で学ぶRYT200短期集中講座に必要な全ての費用の目安です。
旅慣れされている方とそうでない方では全く違ってきますので、ご参考までにご覧下さい。

宿泊費用※

会場近辺施設に宿泊:約49,000円~(25泊・朝食付き)
会場内ホテルに宿泊:約62,000円〜(25泊・朝食付き)

参加費用 400,000円(受講費用)
滞在費用※ 20,000円~(食費・クリーニング代・雑費)
旅行準備費用

50,000円~100,000円(航空券)
※航空券を手配される際気をつけていただきたいこと
バリへの到着(入国)は受講開始前日(7月31日)にお願い致します。
出国はトレーニング最終日もしくは翌日以降ご自身のプランでお願い致します。
開講日:8月1日 終了日:8月24日
(TTC会場と同じホテルのお部屋をご希望の際は宿泊日数が25泊です。)

10,000円~(海外旅行保険)

総額※ 529,000円~

※宿泊費を現地でお支払いの際、お支払い時のレートにより変動いたします。
※滞在費用については食費やお土産代・現地での自由行動の際にかかる費用ですので、個人によって差があります。

会場内ホテルお部屋別のご宿泊費用
Hotel GREEN FIELD
【25泊26日講座の前日から講座修了の翌日までの宿泊】

 

 

Bale Bunga ※1

1泊:637.000Rp.
(1部屋1名利用 約5,000円)
(1部屋2名利用 約2,500円/おひとり様あたり)

25泊:15.925.000Rp.
(1部屋1名利用 約124,000円)
(1部屋2名利用 約62,000円/おひとり様あたり)

※講座の前日から講座修了の翌日までの宿泊
ご注意:2人部屋希望の場合で他に希望者が出なかった場合は1名利用料金となります。

お部屋の設備ついて ホットシャワー、AC、シーリングファン、電話、ミニバー、ヘアドライヤー、セーフティボックス、電気ポット

 

 

Bale Sukat Bali ※1

 

1泊:725.000Rp.
(1部屋1名利用 約6,000円)
(1部屋2名利用 約3,000円/おひとり様あたり) 

25泊:18,125,000Rp.
(1部屋1名利用 約150,000円/1人)
(1部屋2名利用 約75,000円/おひとり様あたり)

※講座の前日から講座修了の翌日までの宿泊
ご注意:2人部屋希望の場合で他に希望者が出なかった場合は1名利用料金となります。

お部屋の設備ついて ホットシャワー付きのバスタブ、AC、電話、ミニバー、ヘアドライヤー 、セーフティボックス、電気ポット

 

 

お申し込み方法 ※2

会場内ホテルに宿泊ご希望の場合は
お申し込みフォームのお問い合わせ欄に下記を明記の上お申し込みください。

◉宿泊を希望します。

◉空港からホテルまでの送迎について 
希望する 希望しない
※1台につき片道350,000Rp.(約3,500円) 
Hotel GREEN FIELD宿泊者のみ
乗り合わせの場合あり(最大4名)

◉部屋タイプ
下記から番号を選択ください。
①Bale Bunga お1人使用
②Bale Bunga お2人使用
③Bale Sukat Bali お1人使用
④Bale Sukat Bali お2人使用

※1
・宿泊費には朝食・ウブド内の送迎サービス料が含まれます。
・日本円表示は時価レートで異なります。参考までにご覧ください。
※2
・お支払い時カード精算の場合は手数料が加算されます。
・お支払いは宿泊料の約30%を予約金として受講料と一緒にお支払い頂き、
 OMYOGAからホテルへの予約完了まで代行いたします。
チェックアウト前に予約金を返金いたします。
・宿泊費はチェックアウト時にご自身でお支払いしていただきます。
・キャンセルの場合頂いた予約金は返金不可です。ご了承くださいませ。

COURSE LISTS

開催講座一覧
RYT200 2019/08/01開講・短期集中コース(バリスクール)
スクールOMYOGAバリ
コース短期集中
日程2019/08/01~2019/08/24
取得期間約1ヶ月
募集状況 受付中