RYT200バリ島

【期間限定キャンペーン】
16日間 RYT200 ヨガバリ留学講座
<申込締切:1/31(金)※残席2名>

OMYOGAでは、より快適にヨガのバリ留学講座を体験していただきたいと考え、受講料やホテル代を込みにした特別パッケージコースをご用意しました。ホテルの手配、空港から会場までの送迎手配なども弊社で対応するため、受講者の皆さまは最小限の準備で済み、資格勉強に専念いただけます。

※ホテル宿泊費用は50,000円分をOMYOGAが負担いたします ※プロフ撮影は希望者のみ。プロカメラマンによる撮影 (別途約2,500円) も可能です ※RYT500割引券は他のチケットやクーポンとの併用不可です ※朝食宿泊日数分、夕食は講座日数分です ※本キャンペーンは他クーポンとの併用不可です

ヨガの聖地であるバリ ウブドで学べる本格ヨガ。ヨガスタジオ・ヨガショップやヘルシーフード店が周りにある、アクセスの良いホテル内がヨガ会場です。 16日間のバリ合宿でRYT200の資格と0からスクールを開講できる技術を身に付けます。国内トップクラスの一流講師陣、そして人生を変えたいと思う仲間とともにバリでRYT200の資格を学びませんか?

まずは無料オンライン説明会で詳しく聞く

2020/3/9開講のバリ留学講座へ申し込む

キャンペーン価格は1/31までにお申し込みいただいた方限定。お早めのご予約を。

 

【OMYOGA】ヨガ バリ留学の特徴

神々の住む島というだけあり、そこかしこに神秘的な風景がちりばめられているバリ。特にウブドでは町全体が自然と融合した空間で日本では見かけることがありません。緑、暖かな光、プール、動物たち・・・日常の一コマがどれも非日常で平和な環境です。

ヨガアライアンスで定められる180時間の対面での授業を、1日11時間25分×16回の単位でこなします。時間不足の場合は、時間数だけでなくそれに見合ったカリキュラムが受講できないことになり、アライアンス規定外となるので注意が必要です。

ご質問に多い講座での利用言語は日本語です。翻訳時間をいれないため、講座も質問もタイムリーにかつ時間は倍数分学べます。つまりそれほど学ぶ内容があるということです。また、特に解剖学の言葉や歴史、思想、哲学など繊細なニュアンスになるほど日本語での解釈は重要です。200時間は思っているより時間が短いものです。その期間に多くのことを学ぶため日本語で講座をしています。

RYT200はカリキュラムの所要時間はどこでも一定ですが、内容は異なります。OMYOGAのトレーニングでは医療従事者からもお墨付きの理論が軸となって紐付けられた内容で一貫性のある学びを習得できます。OMYOGA認定講師はそのスキルを習得したものだけがもてる資格で、海外の場合でも認定講師がリードトレーナーとして指導にあたります。講座には1名以上のアシスタントが同行し、質問などもリードトレーナーに届くように配慮しています。RYT200取得の目的の中でも充実した学びを優先したい方におすすめです。

私たちが準備している卒業生限定のメンタープログラムやスキルアップのための講座は日本に帰ってきてからも学べます。座学に関してはオンラインプログラムもあるので海外からでも参加可能。終わった後も継続した学びができる安心のシステムです。

卒業生限定プログラム

ヨガアライアンスの代表的なライセンスはRYT200とRYT500です。RYT200終了後も卒業後システムを利用し学びを続けることで自然とRYT500を習得することができます。

RYT500概要

RECOMMENDED POINTS

こんな方におすすめ
日本から離れ非日常の環境での資格取得を考えている
一流講師から学びたい方
本格的なヨガを学びたい方
ヨガを生活にとりいれたい方
卒業生からの評価が高いスクールを選びたい方
すでにRYT200をとったが、スキルの面で不安がある方
仕事をするために、スキルとビジネス面で即戦力がほしい方
自分のためにヨガを学びたい方
卒業後も繋がりがほしい方

CURRICULUM

受講カリキュラム

OMYOGAのRYT200カリキュラムは、ここでしか学べない5つの繋がりあるヨガを学びます。

【アーサナ体位・ヨガスタイル】

解剖学をもとに、中立という姿勢を軸に学びます。様々なヨガスタイルの中でも科学的に根拠がもたれた内容で、初心者はもちろんヨガ経験が豊富な受講生や医療従事者からも定評のスタイルです。

RYT200詳細はこちら

課外授業

DAY1~16の間に、みなさんとスケジュールをあわせて課外授業に出かけます。
課外授業では寺院へ行って禊をしたり、インドの二大叙述詩であるラーマーヤナを観に行きます。
どうしてスケジュールをあわせるかというと、立ち入る寺院は生理だとはいれないから。
そんな神聖なスポットへおでかけ。
2018年は、授業のついでに巨大ブランコに乗りに行ったり、ウルワツ寺院にも行きました。
*その年や行事内容により行き場所は異なります。
会場でもあるウブドは、バリヒンドゥーのエリア。
歴史や哲学にリンクするような文化や建築物にたくさん触れることができます。
課外授業では現地バリの人と一緒に行動するのでいろんなお話を聞ける機会にも恵まれています。そして何よりちょっとしたリフレッシュになり、ヨガのクラスへまた集中できるんです。

ライステラスと蓮の花。自然がいっぱいのバリ会場。
講座の開催場所は世界各国のヨギが使用するHotel GREEN FIELDホテル内のヨガスペースです。食事も環境もとってもヘルシー。贅沢で上質な空間です。
ウブドは世界各国からヨギが集まる場所として有名で、ヨガスタジオも沢山あります。
そのためオーガニック・ビーガン専用のショップも沢山あり、その他アジアンフードから日本、フランス、メキシコ各国のお店が点在。少し足を伸ばせば世界遺産を見にいける素敵な場所です。