【ワークショップ】有の瞑想・無の瞑想

2019/01/30更新

RYT500選択科目 2.5 YACEP

ヨガワークショップ/瞑想

マインドフルネスよりさらに簡単に瞑想をしてみましょう。
認知行動療法やNVC(Nonviolent Communication : 非暴力コミュニケーション)を応用して心を見る。
見えてきた心を段階的に静かにしていくことを学ぶ瞑想ワークショップです。

※お願い※

ネリーヨガスタジオからのご紹介の場合

お申込フォームの
開講情報をどこでしりましたか?欄の「その他」にチェック
ご質問欄に「ネリーヨガスタジオ」とご記入くださいませ。

EVENT OVERVIEW

概要
募集状況募集は締め切りました。
募集締め切り日2019/03/02
開催日2019年03月09日(土)~ 2019/03/09
開催時間2:00 pm~ 4:30 pm
開催場所広島・呉

開催場所詳細はこちら

~nerii yoga studio~
〒737-0811
広島県呉市西中央1丁目4−19ヤマトビル3F
JR呉線呉駅より 徒歩7分

ワークショップ価格

4,500円(税込)

備考

・このプログラムはRYT500への単位加算が可能です。

・このプログラムはYACEP対象講座です。YPLE:ヨガの歴史、哲学、倫理とライフスタイルの実行」カテゴリに含まれます。

準備課題

心にひっかかっている記憶があれば、それをできるだけ細かくメモしてきてください。
(細かな時間・話したこと・行動したことなど)

準備物

・ノート
・ペン
・薄手のショールまたは包帯(視覚を遮るため目を覆います)
・バスタオル(お尻の下にしきます)

講師よりメッセージ

ワークショップ内で心の中をノートに書いていく時間があります。

ここに書くこととして、心にひっかかっている記憶があれば、それをできるだけ細かくメモしてきてください。そうすると限られた時間を有意義につかえるはずです。

記憶を解体していくと、自分の価値観や思い込み、評価(一般的に心といったりするところ)や、真実がみえてきます。

つまり体と同じように心にもくせがあるんです。

それを知るために、記憶の一部を書き出し、それを集まった方の誰かと共有してもらいます(言葉にだすとまた違うのです!)。

自分に偽りなく真実を話すことは怖いかもしれませんが、それに対して評価などはされません。

同じような目的や意識で集まった皆さんが、それぞれ自分の心と向き合い、瞑想を深めるためのワークなので、安全で守られた場所だと思って安心してお越しください。

心を見た後は、時間軸の中で心がどのように動いているか知り、それを静かにみていく練習を行っていきます。

*私がお伝えする瞑想法は、ロジスティックに瞑想を知りたい方におすすめかもしれません。

INSTRUCTOR INTRODUCTION

講師紹介

吉田香代子
  • OMYOGA代表
  • ヨガ指導者.瞑想指導者,哲学者,
  • OMYOGAテキスト監修及び認定講師指導
  • セラピカルヨガ.無の瞑想.有の瞑想考案者
  • YA指導資格:RYT200.500
  • YA認定指導講師資格:E-RYT200.500.RPYT85,YACEP
  • Yin-Yang(草木染とオーガニックのヨガウェア)アンバサダー
  • 一児の母(シュタイナー学校に行ってます)

    瞑想やヨガに出会うまでは、活発で明るくみえる反面、自分のしたいことや感情がわからず自信がもてない、それを隠したまま周りにあわせ、また自分がわからなくなる。という負の連鎖の中にいました。
    あと数年で、瞑想やヨガの実践が20年たとうとしてますが、すっかり負の連鎖はとれ、随分とうまく心のハンドルをとれるようになりました。
    私の部屋には、小さな祭壇があります。そこには、キャンドル、クリスタル、神像、尊敬する人の写真などが飾られています。
    都会にいる時も、森の中にいる時も目を閉じれば、いつでもそこに現れる私だけの神聖な居場所です。
    朝、目が覚めると温かいハーブティーをもってその前に座り、心を静かに見つめて(時々は早く起きてきた娘と一緒に)、今何が自分に必要かを感じ整理し、1日をスタートさせます。
    必要なことは、これまで積みためたヨガの経験が導いてくれます。

    直感力・信じる力・体・呼吸・思考とか・・・
    その時々で変わる自分の内側の足りないもの、不要なものに気づき、リセットをするようにそれぞれにあったヨガをすると、いきたい方向へ光が照らされ、その光を失わないように歩いていけるような感覚があります。
    目にみえない心を見ること、信じることの大切さがどんなに素晴らしいことか知っているから、心が折れそうな時も必ずそこに戻ります。
    講師・経営・母をこなせているのは、そういった日々のヨガの練習があるからこそだと思います。
    私は今、自分自身がこのように感じ実践している”ヨガのある人生を広める”ために、日々できることを共感しあえる仲間とともに作り発信していってます。
    ポーズを美しくとりたい人も、自分を取り戻したい人も、目的はなんでも大丈夫。

    ヨガを愛する全ての人へ、ここにしかないヨガを受けにきてほしいと思っています。