login

冬のBook reading 

こんな方におすすめ

RECOMMENDED POINTS

  • RYT200卒業生の方
  • 哲学を勉強したいけど、何から手をつけたら良いかわからない方
  • ヨーガスートラを読んでみたけれど、よくわからなかった方
  • ヨーガスートラの本を買ったけれど、押し入れにしまっている方
  • もう一度他の先生のヨーガスートラも勉強してみたい!
  • 瞑想を始めたい・続けたいけれど、手がつけられていなかったり、続けられない方
  • 生き方としてのヨーガに興味のある方
EVENT OVERVIEW

概要

OMYOGA✖️認定講師の佑香里先生のコラボ

〜佑香里先生とヨガスートラを読む〜

この集まり(サットサンガ)は、1年を通して4回に分けて、ゆっくりじっくりヨーガスートラを読む会です。
まずは、1ターム目「冬のBook reading」ヨーガスートラ第一章を読み進めてゆきます。
Yukari指定の「ヨーガスートラ」の本を読み進めながら、解説を加えてゆきます。

<ヨーガスートラとは?>
YOGAの目的、ゴール、定義、効率的な練習方法、注意事項など、YOGAを極めたいと願う人々が、迷いなく道を進むための具体的な方法をまとめている経典が『ヨーガスートラ』です。
『やさしく学ぶYOGA哲学より抜粋』

1ターム目は、YOGAの目的・ゴール・定義について特に多く記されています。
また、考えの5つの機能や、それによって起こる苦悩・その収め方も記されています。

山林 佑香里

火曜日の夜の時間を使って、「私の考え」をうまく扱うためには、どうしてゆけば良いのか一緒に学んでみませんか? ヨーガスートラはRYT200の講座の中で抜粋されるスクールが多いと思います。 しかし、その中身までじっくり解説されないことも多いのではないかと思います。 私自身、もっと皆様にお伝えしたいことがある!と思いつつ、時間とのジレンマで伝えられていない所が多いと感じています。 ゆっくりじっくり皆様にお伝えする機会に恵まれて嬉しいです。 冬の夜の時間を利用して、心温まる時間を一緒に過ごしましょう^^ この学びの継続は、誰かに頼ることなく、自分自身がすでに豊かで満ちていることを気づかせてくれます。
開催情報

Event information

募集状況満席
募集締め切り日満席のため募集は締め切りました
開催期間
2023年2月14日-4月25日 火曜日コース 全10回
休講日 :3月21日
開催時間20:30-21:30
開催場所オンライン(ZOOM)
受講価格8,800円(税込)
準備物使う本:向井田みお著 やさしく学ぶYOGA哲学 ヨーガスートラ 
※各自ご準備ください。受講価格には含まれません。
備考欄
*ヨーガスートラは事前に読んできてもらえると嬉しいですが、読む時間がなかったとしても、安心してご参加いただけます。
チャットからのシェアも、プレッシャーにならない程度に、楽しく取り組んでいただけたら嬉しいです。

*できるだけ画面オン・通話可能でご参加ください。
夜の時間、子供さんをあやしながらのご参加を検討されている方は、画面オフのご参加も可能です。
また、帰宅時間が間に合わない場合なども画面オフにしていただいて大丈夫です。

*毎回ではありませんが、解説を加えたあと、グループワークの時間もあります。
解説後に感じた疑問や意見をグループでワイワイシェアしてゆきましょう。

*基本的にはLIVE参加でお願いします。録画ビデオもございます。
急な予定が入ってしまったり、ネット環境が悪くて途切れ途切れだったということもあるかと思います。
また、ヨーガスートラは前の詩の解説が次の解説に活きてゆきます。
万が一お休みになられた方も、次の講座までには録画を見てから参加してほしい!という願いを込めました。

以上の点から、視聴期限を次の講座が始まる直前までとさせてください。
スケジュールと受講方法について

schedule and how to

ヨーガスートラを事前に読む時に、やってみてほしいことがあります。
「なるほど!と心に響いた箇所には、赤線」
「知らない単語やよく分からない箇所には、青線」を引いてみましょう。
Book readingに参加したら、響いた箇所・よく分からない箇所をzoomのチャットよりシェアしてください。

このシェアの解説と講師が伝えたい!と思う内容をもとに会が進んでゆきます。

開催日程リーディングスケジュールは下記を参照ください。
事前に読んでこられることをおすすめします。
*進行速度については、若干の変更があるかもしれません。ご了承ください。
day12月14日(火) 第1章第01節〜第1章第04節 (p12~34)
day22月21日(火) 第1章第05節〜第1章第10節
day3 2月28日(火) 第1章第11節〜第1章第15節
day43月07日(火) 第1章第16節〜第1章第20節
day53月14日(火) 第1章第21節〜第1章第26節
day63月28日(火) 第1章第27節〜第1章第32節
day74月04日(火) 第1章第33節〜第1章第37節
day84月11日(火) 第1章第38節〜第1章第41節
day94月18日(火) 第1章第42節〜第1章第47節
day104月25日(火) 第1章第48節〜第1章第51節
INSTRUCTOR INTRODUCTION

講師紹介


山林 佑香里

  • E-RYT200/500
  • YTIC(ヨーガセラピー)
  • ハンディキャップヨガ指導者養成講座
  • インド政府認定シヴァナンダヨガTTC取得
  • インド政府認定シヴァナンダヨガATTC取得
  • マタニティヨガ・リカバリーヨガ(産後ヨガ)インストラクター
  • タイ古式マッサージ、アーユルヴェーダなど

ヨーガのアーサナ、マントラ、ヴェーダーンタ、さらにアーユルヴェーダなど、様々な分野を 包括的に学び続けるため、定期的に、インドに行く。 同時に、学んだ事をシェアすることを 大事にしている。
単なる「知識」をシェアするだけではなく、 それを「日々に生かす」大切さも伝えている。

ヨーガスートラは、ヨガインストラクターの養成講座のカリキュラムに入っていることが多いのではないでしょうか?
中身を読んでみると、分からないなりに読み進めている方も多いと思います。
私もその一人でした。

理由の一つは、
ヨーガスートラは、ヨーガを生き方として実践的に学んでいる人向けだからです。
伝統に基づいて、既に生き方としてのヨーガを深めている人だからこそ、
その詩を唱えただけで、意味を深められるように作られています。

つまり、一般の私たちが読むと、確かに良いことが書いてある気はするが、
それには「もっと深められる余地がある」ということなのです。
そして、その余地を埋めてくれるのが、伝統に基づいて学んで来られた先生方の解説です。

パソコンの圧縮データをイメージしてみてください。
圧縮データはうまく解凍をしないと開きません。その方法を知っている人にしか見られないし、
理解ができないような作りになっているのです。
それぐらい1つの詩には重みがあり、それを理解するための解凍方法を実践者は持っていることになります。

なんだかヨーガスートラへの難易度を上げてしまったかもしれないのですが、
一緒に読み進める本は、グルパランパラ(伝統的に先生から師へと伝わってきた教え)によって、
この解凍方法を知っている聖者が残した解説書を元に作られています。

とっても素敵な味方が、この時代に残っていて幸せだな!と思う次第です。
せっかく大きな味方があるわけですから、一緒に読んでみましょう!

ヨーガとは一体何なのか?
どのように実践をしてゆけば良いのか?
そして、どのような良いことがあるのか?
短い時間ではありますが、ヒントを皆様にお伝えできればと思っています。

無料説明会・見学会のご案内
ヨガインストラクター養成講座RYT200
申込随時受付中
新『 お得なパッケージ受講 』
RYT200オンライン
RYT500オンライン
365日ヨガ・メディテーション